詳細を見る

ノースカロライナ州知事、連邦CBDC阻止法案を否決

5 mins

ヘッドライン

  • ノースカロライナ州のロイ・クーパー知事は、CBDCの導入を阻止することを目的とした法案に拒否権を発動した。
  • クーパーは、州レベルで対策を講じる前に、連邦政府の基準とセーフガードの必要性を強調した。
  • この拒否権は、その実施を支持する州議会で無効となる可能性がある。
  • promo

ノースカロライナ州のロイ・クーパー知事は5日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入を禁止する法案に拒否権を発動した。

この法案はノースカロライナ州の両議会で全会一致で可決されたもので、米連邦準備制度理事会(FRB)が発行するCBDCの州内での導入を阻止することを目的としていた。

ノースカロライナ州がCBDC法案に拒否権を発動した理由

クーパー知事は、法案が曖昧で反動的であるとして拒否権を発動した。同氏は、法案が差し迫った脅威に対処するものではないと主張した。同氏は議会に対し、既存のサイバーセキュリティの脅威に対処するための予算を可決することに集中するよう求めた。

「同氏は「連邦レベルでは、消費者、投資家、デジタル資産で金銭取引を行おうとする企業を保護するための基準やセーフガードを確保するための取り組みが行われている。

英語で読む:デジタル・ルピー(eルピー):インドのCBDC総合ガイド

しかし、暗号資産関係者は、CBDCは政府の監視や経済操作のための潜在的なツールであるとし、知事の決定を批判した。特に、親暗号資産業界団体であるノースカロライナ・ブロックチェーン・イニシアチブは、超党派法案の拒否権発動に失望を表明した。

「ノースカロライナ・ブロックチェーン・イニシアチブは、HB690のような重要な法案を啓蒙・支援するために精力的に活動してきた。クーパー知事がこの超党派法案に拒否権を発動したことは残念だ」と同団体は記した

一方、知事の拒否権は法案に関する最終決定ではないかもしれない。市場の専門家は、州議会は両院の3分の2以上の賛成で拒否権を覆すことができると指摘した。

CBDCは、法定通貨取引を迅速化するために設計された、ブロックチェーンベースの政府発行通貨である。アトランティック・カウンシルのCBDCトラッカーによると、これらの通貨は世界的な支持を得ており、世界のGDPの98%を占める圧倒的多数の国や通貨連合が導入を検討している。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)トラッカー
中央銀行デジタル通貨(CBDC)トラッカー 出典:アトランティック・カシル

米国では、CBDCに対する意見は党派によって分かれている。エリザベス・ウォーレン上院議員のような民主党はこの資産を支持し、テッド・クルーズ上院議員やドナルド・トランプ氏のような共和党は反対している。特にトランプ氏は、来る11月の選挙で同氏が米大統領に再選された場合、このような通貨の導入を阻止すると宣言している。

こうした通貨をめぐるドラマにもかかわらず、米連邦準備制度理事会(FRB)はCBDCの立ち上げに懐疑的な姿勢を崩していない。金融規制当局のウェブサイトには、CBDCの発行については決定していないと記載されている。また、いかなる行動にも法的認可が必要であるとしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー