詳細を見る

ポルカドット価格が10ドルを視野 – 潜在的利益を示す重要な要素

4 mins

ヘッドライン

  • ポルカドット価格は、ブレイクアウト時に22%上昇する可能性を示唆する下落ウェッジを目撃している。
  • DOTは年初来、最も好調な資産として金融機関の支持を集めている。
  • さらに、投資家心理は強気であるだけでなく、2023年12月以降で最もポジティブである。
  • promo

Polkadot(DOT)価格は、最近の損失から回復するべく急上昇の可能性があるようだ。

ある主要な組織がこの実現に大きな手腕を発揮しており、それがその場所に留まる限り、上昇は可能だろう。

Polkadotはコホートの支持を得る

機関はPolkadotの価格に大きな影響を与え、アルトコインはこれを最大限に活用する立場にある。第1四半期を通じて、DOTは機関投資家から多額の資金流入を受けた

累計の資金流入額は約1,700万ドルで、イーサリアムに次ぐアルトコインとしては最高額だ。Solana、XRP、Cardanoのようなアルトコインでさえ、Polkadotよりはるかに低い。これは、DOTが機関投資家の支持を得ており、絶大な利益を得る可能性があることを示している。

ポルカドットの機関投資家のフロー
ポルカドット機関投資家のフロー 出典:コインシェアーズ

さらに、暗号通貨は投資家の楽観主義の急上昇に注目している。彼らの全体的なセンチメントは、ますますポジティブになっており、アルトコインの上昇の可能性を物語っている。

強気な姿勢は、価格上昇を期待しながら資産を長く保有する投資家を説得するだろう。これは、Polkadotの価格を触媒し、最終的には損失を回復しながら、より新しい高値に送るだろう。

ポルカドット加重センチメント。
ポルカドットの加重センチメント|出典:サンティメント

これは現在、DOTにも当てはまるようだ。

DOT価格予測:中盤のラリー?

8.5ドルで取引されているポルカドットの価格は現在、下落ウェッジパターンにはまり込んでおり、今後数日でブレイクアウトする可能性を秘めている。落下ウェッジパターンは、下向きに傾斜するトレンドラインの収束によって特徴付けられ、強気反転の可能性を示している。上方へのブレイクアウトは、出来高の増加を伴うことが多い。

このパターンによると、Polkadotの価格は22.89%上昇し、DOTが10.67ドルの抵抗レベルをテストする可能性がある。そうすることで、アルトコインはサポートフロアとして10ドルを取り戻すだろう。

DOT/USDT 8時間足チャート。
DOT/USDT 8時間足チャート|トレーディングビュー

しかし、これはDOTが いつ下降トレンドラインから ブレイクアウトに向けて跳ね返される かにかかっている。このラインが8ドルのサポートと一致することは極めて重要であり、このラインを割り込むと、ポルカドットの価格は7.5ドルまで下落し、強気テーゼは無効になる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー