詳細を見る

プロシェアーズ、イーサリアムETFのNYSE上場についてSECの承認を求める

6 mins

ヘッドライン

  • プロシェアーズ、イーサリアムETFのニューヨーク証券取引所上場を申請。
  • ETHのカストディはCoinbase Custody Trust Companyによって確保されています。
  • SECからの回答は2024年7月下旬を予定している。
  • promo

大手上場投資信託(ETF)発行会社であるプロシェアーズは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)にイーサリアム(ETH)ETFを上場し、取引することを提案しました。

この動きは、イーサリアムへのエクスポージャーを得るための安全で規制されたオプションを投資家に提供し、デジタル資産の提供を拡大するというプロシェアーズのコミットメントを反映しています。

プロシェアーズ・イーサリアムETFのステーキング・ポリシーを明確化するSEC提出書類

プロシェアーズ・イーサリアムETFは、ETHのカストディにCoinbase Custody Trust Companyを使用します。他の資産運用会社のファイリングと同様に、プロシェアーズもまた、同社または関連当事者がイーサリアムのステーキングに関連する活動に従事しないことを強調している。

BeInCryptoは、潜在的なスポットEthereum ETF発行者は、ステーキング事項を削除するために19b-4とS-1提出書類を更新したと報告した。これらの措置は、イーサリアムETFのステーキングに関する米国証券取引委員会(SEC)の姿勢を明確にすることを目的としています。

関連記事:イーサリアムETFとは?メリット・デメリットについて

しかし、ステーキング機能を組み込むことなくこれらのETFを承認することは、ステーキング報酬から追加利回りを得ることに関心のある投資家に不利になる可能性があります。ETHを購入し、保有し、ステーキングする人は、ステーキング報酬を受け取る機会があり、その結果、追加利回りを得ることができます。ステーキング機能を省略することで、スポット・イーサリアムETFは投資家にさらなる利益を提供できなくなる。

SECは、通知公表日から45日間(90日間に延長可能)以内に、このファイリングに対応しなければならない。プロシェアーズは2024年6月6日に申請しているため、承認は早ければ2024年7月下旬になる可能性がある。

この提案は、プロシェアーズが最近発表した2つのイーサリアム連動ETF、プロシェアーズ・ウルトライーサETF(ETHT)とプロシェアーズ・ウルトラショートイーサETF(ETHD)に続くもので、それぞれETHの日次リターンの2倍と-2倍をターゲットとしている。これらのETFは今週金曜日にニューヨーク証券取引所に上場される予定である。

プロシェアーズは2021年に初のビットコイン連動型ETF、先物契約に投資するビットコイン・ストラテジーETF(BITO)をローンチしたことで知られている。しかし、プロシェアーズは一部の資産運用大手とは異なり、ビットコイン(BTC)のスポットETFを追求してこなかった。

この最新の提案は、FineqiaのリサーチアナリストであるMatteo Greco氏の最近のコメントと一致している。グレコ氏は、デジタル資産に対する伝統的な金融関係者の関心とコミットメントの高まりを強調した。

「これらの最近の動きは、伝統的な金融投資家の間で、デジタル資産へのエクスポージャーを増やすことによってポートフォリオを多様化したいという世界的な需要を強調しています。今年初め、米国でビットコインETFのスポットが承認され、香港でもBTCとETHの同様の商品が発売されました。さらに、米国でイーサリアムETFのスポットが承認され、オーストラリアでビットコインETFのスポットが取引されるというニュースは、業界の勢いをさらに際立たせています」と同氏はBeInCryptoに語った。

続きを読む:イーサリアムETFに投資するには?

しかし、これらのスポット・イーサリアムETFが市場で正式に取引されるためには、両方の申請に対する承認が必要であることに注意することが重要である。アナリストは、これらのETFの最終的な承認は2024年7月に行われると予測している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンは、デジタル・マーケティングと暗号通貨ジャーナリズムで8年以上の経験を持つベテラン・ジャーナリスト兼コンテンツ・クリエーター。SEO戦略、ブロックチェーン技術、Web3を専門分野とし、常にインパクトのあるコンテンツイニシアティブを提供し、オーディエンスを効果的に巻き込んできた。 2022年1月以来、リンはBeInCrypto...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー