詳細を見る

ビットコインETFが2億ドルの資金流出に見舞われる。

6 mins

ヘッドライン

  • インフレ懸念の高まりでビットコインETFに2億ドルの資金流出。
  • 市場は米消費者物価指数(CPI)の発表に反応し、ボラティリティが高まった。
  • 経済指標はまちまちで、市場全体の不確実性を高めている。
  • promo

スポットビットコイン(BTC)上場投資信託(ETF)は11日、米国のインフレデータをめぐる不透明感が市場を覆い、連日2億ドル超の資金が流出した。

インフレ懸念が高まる中、投資家はビットコインETFを含むリスク資産のポジションを再評価している。こうした動きは、マクロ経済指標と暗号資産市場の複雑な関係を浮き彫りにしている。

市場の期待感がビットコインETFの売り越しを促進

SoSo Valueのデータによると、米国のスポットビットコインETFは11日時点で1日あたり2億31万ドルの純流出を記録した。グレースケール・ビットコイントラスト(GBTC)とARK 21シェアーズ・ビットコインETF(ARKB)が最も大きな打撃を受け、それぞれ1億2100万ドルと5600万ドルの流出となった。一方、ブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)は同期間、フローを記録しなかった。

関連記事:ビットコインETFの購入方法徹底ガイド

スポットビットコインETFフロー履歴データ。
スポットビットコインETFフロー履歴データ|SoSo Value

これらのETFは5月13日からプラスの資金流入を経験していたため、この変化は注目に値する。しかし、市場参加者が同日、米国5月の消費者物価指数(CPI)データの発表を予想したため、6月10日から資金流出が発生し始めた。

Investing.comのグローバル・マーケッツ・アナリスト、ジェシー・コーエンは、来るCPIをめぐる市場のボラティリティの高まりを強調した。同氏は、消費者物価指数が予想を下回れば、現在進行中の市場の上昇幅が拡大する可能性があると指摘した。今後数ヶ月のFRB利下げの可能性について、投資家を安心させるものだ。

「しかし、驚くほど強いインフレ率は、利下げ期待を遅らせ、インフレ圧力への懸念を高めるため、市場のボラティリティを引き起こす可能性がある」と同氏は付け加えた

調査会社Kobeissi Letterも意見を述べた。同レターは、消費者物価指数(CPI)に関する予想が分かれていることを指摘した。主要銀行がCPIインフレ率を3.4%と予想する一方、予測市場では3.4%を上回る可能性が17%、3.4%を下回る可能性が41%であると指摘した。

「今日の)CPIインフレ率が3.4%を上回れば、過去4ヶ月のうち3ヶ月でインフレ率が上昇したことになる。

様々な経済シグナルが、インフレと市場パフォーマンスの見通しをさらに複雑にしている。例えば、米企業は5月に27万2000人の雇用を増やし、賃金は年率4.1%上昇したが、失業率は4%に上昇した。雇用と賃金の増加と失業率の上昇というパラドックスが、経済の不確実性を高めている。

暗号資産格付けプラットフォームEvaiのマシュー・ディクソンCEOは、今後のCPIと連邦準備制度理事会の重要性を強調した。同氏は、インフレ率が上昇する真のリスクを認めており、これはドルにはプラスだが、ビットコインを含むリスク資産にはマイナスとなる。

同氏は、「CPIが沈静化し、FRBがハト派的になることで、リスク資産が押し上げられる可能性もある」と述べた

しかし、ビットコインの価格は歴史的に、FOMCの発表後、最初のボラティリティにもかかわらず反発する傾向がある。暗号資産研究家のガムシュー氏は、最近の分析でこの点を指摘している。

「2024年には4回のFOMCがあった。[BTCはそのすべての48時間前に10%下落した。FOMCの日には、その動きをすべて回復した。市場は常に過度に弱気な発言を織り込み、そして反転する」とガムシュー氏は概説した。

関連記事:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

2024年の各FOMC前のBTC価格パフォーマンス。
2024年の各FOMC前のBTC価格パフォーマンス:X/0xガムシュー

市場が差し迫ったインフレデータに備える中、ビットコインETFのスポット流出は投資家の慎重なセンチメントを示している。米国のCPIレポートの結果と連邦準備制度理事会(FRB)のその後の行動は、短期的な市場の動きの基調を設定する可能性が高い。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー