詳細を見る

スターテイル・ラボ、サムスン・UOBから資金調達し累計調達額は10億円を突破

4 mins

ヘッドライン

  • スターテイル・ラボは22日、Samsung Nextおよび、シンガポール3大銀行UOB Venture Managementから追加で約5億円の資金を調達した
  • 同資金調達により同社のシードラウンドでの累計調達額が10億円に達した。 資金は、Web3プロダクトの開発と採用に充てられる
  • 渡辺創太CEOは次の展開として向け本格的にアメリカ進出を計画していると語った
  • promo

スターテイル・ラボは22日、Samsung NextとUOB Venture Management(シンガポール)から追加で約5億円の資金を調達した。同資金調達により同社のシードラウンドでの累計調達額が10億円に達した。

資金は、Web3プロダクトの開発と採用に充てられる。スターテイル・ラボは23年9月、ソニーネットワークコミュニケーションズからも約5億円を調達している。サムスン・ネクストとUOB Venture Managementからの出資は、日本人創業者に対してはこれが初めてである。

同社渡辺創太CEOは、「アジアを代表する企業からの支援を受け、大きな可能性を感じるとともに、日本やアジアの未来を担う責任を感じている。また、プロダクト開発と採用に調達資金を投下し、アジアを代表するプロダクト創出を目指す。次の展開として本格的にアメリカ進出を計画している」と語った。

UOB Venture Managementのポール・ングエクゼクティブディレクターは、Web3を大衆に広めるためには実世界と連携したユースケースの開発が重要であると指摘。同社はスターテイル・ラボが特にアジアでWeb3を普及させるための良き立ち位置にいると評価した。

スターテイル・ラボとは?

スターテイル・ラボは、Web3のマスアダプションを目指し、Astar Network(ASTR)やStartale Web3 Cloudなど、Web3プロダクトの開発を行う企業である。23年にソニーネットワークコミュニケーションズと資本提携し、合弁会社を設立。日銀の中央銀行デジタル通貨(CBDCフォーラムにも選出されるなど規制フレームワークの策定にも関わる。

Astar zkEVMローンチ迫る

Astar Networkは2月下旬中にも、イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションである「Astar zkEVM Powered by Polygon」メインネットのリリースする。Astar zkEVMは、日本企業やブランド、アニメなどの国内IPがWeb3市場へ進出する支援を目的としている。

日本航空と博報堂は5日、Astar zkEVMを活用し「KOKYO NFT」実証実験第2弾を開始した。アスターネットワーク関連会社のスターテイル・ラボは7日、秋元康氏を総合プロデューサーに迎えるアイドルプロジェクトとWeb3領域での戦略的パートナーシップ契約を締結した。提携は、”アイドル経済圏”の確立とグローバル展開をトークンを通じての支援が目的。デロイトトーマツ・コンサルティングは9日、NFT開発ツールとして「Astar zkEVM Powered by Polygon」を活用し、野球テーマのゲームアプリのプロトタイプを発表していた

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame_2328.jpg
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー