詳細を見る

今週の暗号資産トップニュース:イーサリアムETF承認の可能性、米CPIデータ発表など

10 mins

ヘッドライン

  • 米議員がSECのSAB121を覆す投票を行う予定。この投票はデジタル資産規制に影響を与える可能性がある。
  • 専門家の予測によると、イーサリアムのETFはまもなく承認される可能性があり、早ければ来週にもETFがローンチされる可能性がある。
  • 7月11日に発表される米消費者物価指数(CPI)は、FRBの政策決定に影響を与え、暗号資産を含む金融市場に影響を与える可能性がある。
  • promo

今週は、主要ニュースが暗号資産投資家や愛好家の注目を集めた。イーサリアムの上場投資信託(ETF)の承認、米消費者物価指数(CPI)の発表など、暗号資産市場の動向を左右する重要なイベントが目白押しだ。

これらの動向は広範囲に影響を及ぼす可能性があり、市場参加者は常に警戒し、情報を得る必要がある。

暗号資産に関する重要法案が議会で採決へ

今週、米国議会はH.J. Res.109の採決を行うが、これは物議を醸しているSEC Staff Accounting Bulletin 121 (SAB 121)を覆すことを目的としている。スティーブ・スカリーズ下院院内総務の週間スケジュールによると、この決議案は火曜日か水曜日に審議される可能性がある。

この通達は、金融機関が顧客のデジタル資産を貸借対照表に記載することを求めている。批評家たちは、この規則がデジタル資産を米国の金融システムの外に置いていると主張している。

上下両院は5月にSAB121の廃止を承認した。しかし、ジョー・バイデン大統領は法案に拒否権を発動し、”消費者と投資家の福利を危うくする措置 “を支持しないという政権のコミットメントを強調した。多くの業界専門家や投資家は、これはより広い暗号資産業界にとって重要な投票になると考えている。

スポット・イーサリアムETFの承認が視野に

市場関係者は、イーサリアム(ETH)上場投資信託(ETF)の承認の可能性をめぐる期待に沸いている。複数の資産運用会社がS-1フォームを更新した後、専門家はこれらのETFが間もなくローンチされると予測している。

ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリスト、ジェームズ・セイファートとエリック・バルチュナスは、これらのETFは “来週後半か7月15日の週に上場する可能性がある “と示唆している。ETF Storeの社長、ネイト・ジェラチ氏もこの意見に賛同している。

「スポットETH ETFが今後2週間以内に取引されなければ、ショックを受けるだろう。来週後半も可能性はあるが、7月15日の週がより可能性が高いと思う」と同氏は指摘する。

これらのETFが取引を開始するためには、SECの承認プロセスが依然として重要である。SECは19b-4フォームを承認したが、発行体はまだS-1フォームの承認が必要である。

これらのETFの最終承認をめぐる楽観論にもかかわらず、5月下旬の19b-4フォームの承認以降、ETHの価格は大幅に下落している。BeInCryptoのデータによると、ETHは現在2,887ドルで取引されており、予備承認日から約26%下落している。

関連記事:イーサリアムETFとは?メリット・デメリットについて

ETH価格パフォーマンス。
ETHの価格パフォーマンス:BeInCrypto

米消費者物価指数(CPI)データの発表と市場への影響

今週のもう一つの重要なイベントは、7月11日に発表が予定されている米国の消費者物価指数(CPI)データです。前回発表された5月の消費者物価指数は前月比で上昇を示さず、インフレ懸念に若干の緩和をもたらしている。

クリーブランド連 邦準備銀行の予測によると、6月のヘッドラインCPIインフレ率は前月比 0.08%増、食品とエネルギーを除くコアCPIインフレ率は0.28%増となる。これらの推計は必ずしも正確ではないが、月次インフレ率の着地点を示す上では概ね正確である。

とはいえ、米連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレ動向を見極め、十分な情報に基づいた政策決定を行うため、今後の数字を注意深く見守るだろう。このデータは、7月30-31日に開かれる中央銀行の次回の政策決定会合で検討される。

インフレ率の数値が低下すれば、経済の安定を示す可能性があり、投資家の信頼感を高め、暗号通貨のようなリスク資産に資金が流入する可能性がある。逆に、インフレ率が予想を上回った場合、連邦準備制度理事会(FRB)は金利の据え置きや引き上げを選択する可能性があり、市場に不確実性をもたらす。

暗号通貨はボラティリティが高いため、こうした経済指標に反応して価格が大きく変動する可能性がある。したがって、投資家はCPIデータとFRBの決定を積極的に監視し、市場をナビゲートする必要がある。

ジュピターの供給削減案

ソラナに拠点を置く分散型取引所(DEX)であるジュピターは、そのネイティブ・トークンであるJUPの総供給量を30%削減するという提案により、そのトークノミクスに大きな変更を実施する予定である。この提案は、共同創設者であるニャー氏(仮名)によって共有されたもので、割り当てられたトークンから30%の自主的な削減と、それに対応するJupuaryの排出量の削減が含まれている。この提案に関するガバナンス投票は7月のどこかで行われる予定だ。

ニャーは、ジュピターには直接の投資家がいないため、これらの変更が可能であり、プラットフォームのトークノミクスを最適化するためにチームが大胆な動きをすることを可能にしていると強調した。提案されている変更は、高い排出レベルに対処し、プラットフォームの財務構造を合理化し、ジュピターの長期的ビジョンにコミュニティをより深く関与させることを目的としている。

Vela V2の立ち上げとアップグレード

Arbitrumネイティブの永久DEXであるVelaは、7月8日にVela V2をローンチする。このバージョンでは、トークノミクスのアップグレード、新しい取引競争、プラットフォームの機能強化が行われます。

Vela V2には、柔軟な権利確定オプション、ガバナンス投票、簡素化されたステーキングページが含まれる。さらに、Vela V2では、参加へのインセンティブを高め、アクティブなユーザーに報いるため、グランプリ・シーズン3に50万ARBの賞金プールを導入する。

今週のXaiとその他の主要トークンのアンロック

AAAゲーム向けに設計されたレイヤー3(L3)ソリューションであるXaiは、7月9日に約2億XAIトークンをアンロックします。この金額は約5,518万ドル相当で、流通量の71.59%を占める。そのため、このトークンのアンロックは、XAIの価格に影響を与える可能性について、暗号資産コミュニティの間で議論を巻き起こしている。

XAIトークンのアンロック
XAIトークンのロック解除 出典:token.unlocks

さらに、AptosはネイティブトークンであるAPTを大量にアンロックする。TokenUnlocksのデータによると、レイヤー1(L1)ブロックチェーンは7月12日にコミュニティメンバー、コア貢献者、投資家の間で1130万APTを配布する。この数字は流通量の2.49%に相当し、現在の市場価格に基づくと約6,288万ドルに相当する。

Immutable(IMX)のような他のプロジェクトも、同じ期間にトークンのアンロックを行う。今週の主要暗号資産トークンのアンロックに関する詳細情報は、こちらの記事をお読みください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー