詳細を見る

暗号トークンは証券ではなくファイル=Uniswap Labs

5 mins

ヘッドライン

  • Uniswap Labs社はSECの同社に対する強制措置はメリットがないと主張、暗号資産は有価証券ではなくファイルであると主張。
  • Uniswap Labsの法的対応は、SECによるトークンの証券としての分類に異議を唱えるウェルズ通知に続くものである。
  • UniswapのUNIトークンは、SECの監視と暗号資産に優しい政策への政治的シフトの中で4%の値上がりを見せた。
  • promo

イーサリアム上の分散型取引プラットフォームの主要開発企業であるユニスワップ・ラボは21、米国証券取引委員会(SEC)による同社に対する強制措置の可能性はメリットがないと主張した。

ニューヨークを拠点とする新興企業によると、暗号資産は証券に分類されるべきではない。暗号トークンはPDFに似たファイルなのだ。

暗号資産が証券ではない理由

火曜日、Uniswap Labsは、同社が無登録の取引所とブローカーディーラーを運営しているという申し立てに異議を唱えた。この反論は、4月SEC執行部が同社に対して法的措置を勧告する計画を示したウェルズ通知に続くものである。

Uniswap Labsの最高法務責任者(Legal Officer)であるMarvin Ammori氏は記者会見で、すべてのトークンは証券であるというSECの前提に誤りがあることを強調した。Uniswap Labsはまた、現在、SECは暗号資産トークンに対する権限を制限しかねない不利な決定を下すリスクがあると主張している。

「トークンは実際には単なるファイル形式です。トークンは価値のファイルフォーマットであり、本来は証券ではありません。SECは、私たちが行っていることを捉えようとするために、取引所、ブローカー、投資契約の定義を基本的に一方的に変更しなければなりません」。安森氏は語った。

同社は40ページに及ぶ回答書の中で、必要であれば訴訟を起こす用意があることを表明し、法的地位への自信を主張した。

ゲーリー・ゲンスラーSEC委員長は一貫して、分散型取引所はSECの規制範囲に入ると主張してきた。同氏は、多くのデジタル資産はSEC規則の対象となる未登録証券であると述べている。

しかし、Uniswap Labsは、同社のガバナンス・トークンであるUNIトークンは、Howey Testの下では有価証券に該当しないと主張している。最高裁判決によるこの法的基準は、投資契約を定義するものである。

こうした動きを受けて、UniswapのUNIトークンは過去24時間で4%の値上がりを見せ、9.63ドルで取引された。

ユニスワップ(UNI)の価格パフォーマンス
Uniswap(UNI)の価格パフォーマンス|BeInCrypto

特に米国の選挙が近づき、暗号資産が重要な政治問題となる中、幅広い暗号市場はSECの行動を注視している。暗号資産に対するSECのスタンスが変わりつつあるとの見方もある。また、SECは5月23日にイーサリアムETFのスポットを承認するとの見方もある。

この予想される承認は、政治的圧力によるものと考えられている。暗号資産愛好家たちは、バイデン政権とドナルド・トランプ前大統領が暗号資産コミュニティの影響力の拡大に気づいたのではないかと推測している。

言うまでもなく、トランプ氏の選挙キャンペーンは最近、暗号資産による寄付を許可しており、暗号資産に優しい姿勢を示している。

「バイデンとトランプは今、暗号資産に迎合して互いを出し抜こうとしている。完璧な勝利だ」とベンチャーキャピタリストのニック・カーターは語った。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー