詳細を見る

Unstoppable Domains、バイナンスUSと提携|独自NFTドメイン提供へ

4 mins

NFTドメインサービスUnstoppable Domainsは27日、バイナンスUSのサポートを開始した。バイナンスUSは最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの米国部門。アンストッパブル・ドメインズは今後、独自NFTドメイン「.BinanceUS」を提供する。

NFTドメイン(ブロックチェーン・ドメイン)とは:
ブロックチェーン上でNFTとして発行されるドメインであり、Web3におけるDNSとされている。「0×」で始まる複雑なウォレットアドレスを簡略化できる。「beincrypto.wallet」のように識別可能なわかりやすい文字列にすることで、誤送金を防ぐメリットがある。アンストッパブル・ドメインズの競合サービスとして「.eth」のNFTドメインを提供するENS(イーサリアム・ネーム・サービス)が有名。

アンストッパブル・ドメインズは「.crypto」「.nft」「.wallet」「.x」といった複数のNFTドメイン発行に対応している。今回新たに、「.BinanceUS」のNFTドメインをバイナンスUSアプリ内で独占的に提供する。バイナンスUSのユーザーは、専用ページから同NFTドメインの申請登録が可能。

「.BinanceUS」のNFTドメインは、有力L2ブロックチェーンポリゴン(Polygon)上で発行される。バイナンスUSのユーザーは今後、数週間以内で独自NFTドメインを利用できるようになる。これにより、バイナンスUSのユーザーは取引所のウォレットアドレスを好きな文字列に変更可能。さらにアンストッパブル・ドメインズに対応した各種サービス間で、暗号通貨の送金も可能となる。

なお公式発表によると、NFTドメインのミントに関して、ユーザーのガス代負担は無料。さらにアンストッパブル・ドメインズが販売するNFTドメインは更新料がかからず、「.BinanceUS」のドメインも更新料無料となる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー