詳細を見る

イーサリアム版オーディナルズ「Ethscriptions」がローンチ

2 mins

音楽情報サイトGenius.comのトム・レーマン元CEOは17日、イーサリアム(ETH)上でNFT作成を可能にする新プロトコル「Ethscriptions」をローンチした。

レーマン氏によれば、ローンチから18時間未満で約30,000点のNFTがEthscriptions上でミントされた。Ethscriptionsは、ビットコインオーディナルズと類似しており、96キロバイト以下のサイズの任意の種類のデータをイーサリアムブロックチェーンに書き込むことを可能にする。Ethscriptionsはイーサリアムの「calldata」を使用することで現在ブロックチェーンで採用されているスマートコントラクトベースの技術と比較して、より安価かつ分散化されたミントプロセスを提供する。開発者によると、現在は画像のみがミント可能だが、今後は画像以外のデータにも対応する。

Ethscriptionsのデビュープロジェクト「Ethereum Punks」は、1万点が即座にミントされた。同プロトコルのローンチ後非常に多くのユーザが殺到。APIのエラーにより公式サイトが一時停止していた。

画像:the block

暗号資産メディアザ・ブロックのデータによると、現在「Ethscriptions」のローンチ後、イーサリアム上のアクティブユーザーの顕著な増加は見られていない。Ethscriptionsが今後、イーサリアムメインネット上のNFT取引量を超えられるかに注目される。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー