詳細を見る

クレメンテ氏、15倍の可能性を秘めたミームコインにオールイン

9 mins

ヘッドライン

  • ウィル・クレメンテによれば、ミームコインはハイリスク・ハイリターンの投資機会である。
  • これらのトークンは公正で透明性が高く、大きな利益を求める個人投資家を惹きつける。
  • 文化的な関連性とバイラルの可能性が、若い暗号資産投資家の間で人気を博している。
  • promo

ミームコインは、暗号通貨市場において物議を醸しながらも魅力的なセグメントとして登場した。

その気まぐれな起源にもかかわらず、これらのコインは、特に大きなリスクを受け入れることをいとわない人々にとって、高いリターンを得るための魅力的な機会を提供している。

魅力を失ったアルトコイン

Reflexivity Researchの共同設立者であるウィル・クレメンテは、暗号資産が以前とは大きく変化したことを振り返った。同氏によれば、2020年の戦略は単純明快だった。高ベータのアルトコインに投資し、ビットコインを上回るパフォーマンスを享受する。

しかし、このアプローチは優位性を失った。多くのアルトコインはビットコインに対して下落しており、クレメンテ氏はこの傾向を市場の成熟によるものだとしている。

「2020年には、リスクスペクトルを広げると、ビットコインよりもベータ値が高くなる。しかし、今回はそれが見られない。アルトコインとビットコインのペアの多くは、数ヶ月間出血が続いており、ベーパーウェアのアルトコインを買えばビットコインをアウトパフォームできるというような単純なものではありませんでした」とクレメンテ氏は説明した。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

アルトコイン市場の深さ
アルトコイン市場の深さ:カイコ

このトレンドとは対照的なのが、ミームコインの急成長だ。クレメンテ氏によると、これらのトークンは多くの確立された暗号通貨を劇的にアウトパフォームしている。同氏は、この現象は市場のセンチメントと投資家の洗練度の高まりを反映していると主張する。

「AIコインで劇的なアウトパフォームが見られました。これは、暗号資産に存在する多くのトークンに対する市場のセンチメントを反映しているようなものです」とクレメンテ氏は付け加えた。

ミームコインにオールイン

ミームコインがこのような環境で際立っているのは、その公正で透明性の高いローンチが多いからだ。多くのアルトコインが低いイニシャルフロートと高いバリュエーションを持つのとは異なり、ミームコインは通常、ローンチ時に全供給量をリリースする。このアプローチは、公平な競争の場を好む個人投資家の共感を呼んでいる。

クレメンテは、これらのコインは小口投資家にとって大きな利益を得る貴重なチャンスであり、時には数日のうちに控えめな時価総額から億単位の価値に急騰することもあると指摘する。

「現実には、平均的な個人投資家が10倍や15倍になる可能性は非常に低い。しかし、ミームコインであれば、その可能性ははるかに高い。だから、初めて投機を行おうとしている多くの人々が、ミームコインに参加しているのです」とクレメンテ氏は述べた。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

ミームコイン取引量
ミームコインの取引量 出典:カイコ

クレメンテ氏は、これらのコインの投資はギャンブルに似ており、ファンダメンタルズにはほとんど根拠がないと強調する。しかし、それでも多くの投資家、特に若い投資家は躊躇しない。同氏は、コインの魅力の一端をより広範な社会経済的要因に求めている。

貨幣価値の低下や投機的な活動のしやすさによって富の不平等が悪化し、多くの人が不安定な市場に富を求めるようになった。

「資産価格の上昇には富の効果がある。人々は不動産のようなものから値切られたと感じている。すでに富を築いていれば、不動産を保有することでそれを維持することができるかもしれませんが、同じ規模の富を築くという選択肢は本当に見当たりません」とクレメンテは付け加えた。

文化的、ウィルス的な魅力

ミームコインの魅力は、文化的な関連性とバイラルな可能性である。もう一人の著名な暗号資産家であり、The Pomp Podcastの司会者であるアンソニー・ポンプリアーノは、これらのコインがいかにインターネット文化を利用しているかを強調している。

「インターネット上のミームを考えてみると、誰も言いたがらないが誰もが信じている真実をミームが言うと、たいてい流行する。私がミームコインの話をするとき、それは文化的なものであったり、私を笑わせたり、ある種のトレンドを理解したり、その瞬間に合ったものであったりします」とポンプリアーノは説明した。

クレメンテの個人的な投資戦略は、彼のバランスの取れたアプローチを示している。同氏は、安定性と長期的な可能性を求めてビットコインを保有する一方で、より広い暗号市場の代理としてコインベースのような株式で分散投資も行っている。一方、同氏はミームコインを積極的に取引し、そのハイリスク・ハイリターンの性質を活用している。

「私のポートフォリオは、一度も触ったことがなく、今後も触る予定のないコールドストレージのビットコインと、暗号資産全体の指標としてのコインベースだ。もう一方は、より積極的に取引しているミームコインの数々です」とクレメンテ氏は語った。

関連記事:ミームコインの買い方と注意点

要するに、クレメンテがミームコインに熱中しているのは、暗号資産市場におけるミームコインのユニークなポジションからきている。ミームコインは、文化的関与と投機的可能性の融合を提供し、新世代の投資家にアピールする。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー