詳細を見る

ミームコインの買い方と注意点

19 mins

ヘッドライン

  • ミームコインとは、インターネットのジョークやミーム文化から生まれた暗号資産だが、コミュニティ主導のマーケティングで市場価値を持つようになった
  • ミームコインは国内取引所でも買うことが可能。買い方は一般的な暗号資産と同じ方法
  • ミームコインは、他の暗号資産に比べて、投機的な性質が強いため信頼性の低いコインには投資しないことが重要

ミームコインとは、元々はインターネットのジョークやミーム文化から生まれた暗号資産のことです。ミームコインの人気は近年高まっており、短期的なリターンを狙える通貨としても注目を集めています。

そこで本記事では、ミームコインの買い方と購入する際の注意点について解説します。ミームコインをこれから購入してみたい人、ミームコインに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

ミームコインとは?

ミームコインとは、インターネットのジョークやミーム文化から生まれた暗号資産。当初は実用的な価値や目的を持たず、主にコミュニティでの楽しみを目的に作られていましたが、近年では一部のミームコインが人気を集め、市場価値を持つようになりました。

ミームコインの起源は2013年、Dogecoinの誕生に遡ります。柴犬の画像をモチーフにしており、当初はジョークとして作られましたが、瞬く間にインターネット上で人気を集めました。Dogecoinの成功を受け、その後様々なミームコインが誕生。猫や映画、インターネット上の流行語などをモチーフにしたものもあり、ユーモアと独創的なアイデアで多くのファンを獲得しています。

ミームコインの価値は、主にコミュニティによって生み出されており、熱狂的なファンたちは、SNSやオンラインフォーラムなどで情報交換を行い、ミームコインの知名度を高め、さらなる人気を集めることに成功しています。ほかにも、独自のロードマップやイベントなどを企画することで、コミュニティを活性化させ、ミームコインの価値向上に貢献しており、認知拡大やマーケティングによって、大きく価格高騰するミームコインも少なくありません。

ミームコインの買い方

ミームコインの買い方は、一般的な暗号資産の買い方と同じです。

ミームコインの買い方①:暗号資産取引所の口座を開設する

ミームコインを購入するには、まず暗号資産取引所の口座を開設する必要があります。現在、ミームコインを取り扱っている国内取引所は限られているため、購入したいミームコインを扱っている取引所を確認し、口座開設します。

国内取引所でドージコインを取り扱っている取引所は

  • GMOコイン
  • ビットバンク
  • SBI VCトレード
  • BitTrade

にそれぞれ上場しています。

口座開設には、本人確認書類やメールアドレスなどの情報が必要です。 必要な情報(メールアドレス、パスワード、身分証明書のアップロードや住所の確認)を入力し、口座開設を完了させます。

ミームコインの買い方②:取引所に日本円を入金する

口座開設が完了したら、次に取引所に日本円を入金します。入金方法は、取引所によって異なりますが、一般的には銀行振込やクレジットカード決済などが利用できます。入金した日本円は、取引所内のウォレットに反映されます。入金には、手数料や時間がかかる場合がありますので、注意してください。

ミームコインの買い方③:ミームコインを購入する

日本円を入金したら、取引所内でミームコインを購入します。取引所の画面で、購入したいミームコインを選択し、入金した日本円金額以内で購入することが可能です。購入量や価格などを指定して注文を出し、注文が成立すれば、ミームコインがウォレットに反映されます。

購入時には、取引所の手数料やスプレッド(売値と買値の差)などが発生しますので、注意してください。なお、暗号資産取引所には「販売所」と「取引所」があり、それぞれ手数料や操作手順が異なるため、自分に適した方法で購入するようにしましょう。

  • 販売所:販売所は、ユーザーと取引所が暗号資産を売買する場所です。販売所では、取引所よりも手数料が高くなる傾向にあります。
  • 取引所:取引所は、ユーザー同士が暗号資産を売買する場所です。取引所では、ユーザー同士が自由に価格を決めることができるため、低い手数料のまま取引することができます。

ミームコインの代表銘柄

ミームコインの代表銘柄を紹介します。

  • ドージコイン
  • シバコイン
  • ぺぺコイン

ミームコインの代表銘柄①:ドージコイン(DOGE)

ドージコイン(DOGE)は、犬の柴犬をモチーフにしたユーモラスなデザインと、熱狂的なコミュニティを持つ、ミームコインの代表銘柄です。2023年5月現在、時価総額で上位10位に入る主要な暗号資産へと成長を遂げています。

ドージコインは、2013年にBilly MarkusとJackson Palmer氏によって共同開発されました。「Doge」と呼ばれる柴犬のインターネットミームを皮肉する形で誕生したコインであり、当初はジョークとして扱われていましたが、そのユーモラスなデザインと親しみやすさから、瞬く間にインターネット上で人気を集めました。

2021年、電気自動車メーカーのテスラCEOであるイーロン・マスク氏が自身のTwitterでDogecoinについて言及し始めたことをきっかけに、ドージコイン価格は急騰。その後もマスク氏はDogecoinへの支持を表明し続け、多くの著名人や投資家も参入するなど、大きな話題となりました。2021年5月には、一時的に1DOGEあたり0.73ドルを超える最高値を記録。ドージコインには、熱狂的なファンが集まる活発なコミュニティが存在しており、様々なイベントや企画を立ち上げています。また、独自の文化も形成されており、チップ文化やミーム創作、チャリティー活動などが盛んに行われています。

ミームコインの代表銘柄②:シバコイン(SHIBA)

シバコイン(SHIBA)は、犬の柴犬をモチーフにしたユーモラスなデザインと、革新的なエコシステム構築を目指すプロジェクトとして、近年注目を集めているミームコインです。「ドージコインキラー」の異名を持ち、将来的にはドージコインを超える勢いを見せる存在として期待されています。

シバコインは、2020年8月に匿名開発者集団「Ryoshi」によって立ち上げられました。当初は「ドージコインキラー」と呼ばれ、ドージコインを超えるミームコインとして大きな話題に。熱狂的なファンが集まる活発なコミュニティも存在しており、「Shiba Army」と呼ばれ、SNSを中心に情報発信や様々な企画を積極的に行っています。

また、シバコインは独自のエコシステム構築にも力を入れています。代表的な取り組みとしては、以下のものが挙げられます。

  • ShibaSwap:シバコインを他の暗号資産と交換できる分散型取引所(DEX)
  • Shiba Inu NFTs:シバ犬をモチーフにしたNFTコレクション
  • Shibverse:シバコイン専用のメタバース

ミームコインの代表銘柄③:ぺぺコイン(PEPE)

ぺぺコイン(PEPE)は、2023年4月に誕生した比較的新しいミームコイン。ユーモラスなデザインと活発なコミュニティ、そして革新的な取り組みによって、瞬く間に人気を集めおり、2023年には4,000倍以上の値上がり、その成長率はミームコインの中でもトップクラスを誇ります。

ぺぺコインのロゴは、マット・フューリー氏によって作成された有名なインターネットミーム「ペペザフロッグ」をモチーフとしています。ぺぺコインの開発チームは、PEPEを「最もミーム性が高いミームコイン」と称し、単なるジョークコインではなく、ユーモアと革新性を兼ね備えたプロジェクトを目指しているのが特徴。

ある投資家は、27ドルで5.9兆PEPEを購入し、価格上昇後に100万ドルもの資産を手にしたというエピソードも存在します。2024年5月現在、ぺぺコインは依然として強気相場にあり、2023年の驚異的な成長率を考えると、今後も上昇トレンドが続くと予想する投資家も多く存在します。

ミームコインを買う際の注意点

Acheter Bitcoin anonymement

ミームコインを買う際の注意点を解説します。

  • 価格変動が激しいため、リスクを十分に理解しておく
  • 投資をする際は、余剰資金でおこなう
  • 信頼性の低いミームコインは買わない

ミームコインの買う際の注意点①:価格変動が激しいため、リスクを十分に理解しておく

ミームコインは、市場心理やSNSの影響を受けやすく、価格が急騰したり暴落したりする可能性が高いです。特に近年は、SNSの影響で短期間で価格が急騰するミームコインが数多く登場しています。しかし、こうしたコインは価格変動が非常に激しく、下落もまた急激になるため、SNSの熱狂に流されず、自分軸判断することが重要になってきます。価格変動のリスクを十分に理解した上で、投資判断を行うようにしましょう。

ミームコインの買う際の注意点②:投資をする際は、余剰資金でおこなう

ミームコインは、市場心理やSNSの影響を受けやすく、価格が急騰したり暴落したりする可能性が高いです。2021年に人気を集めたミームコイン「Dogecoin」は、米国の著名投資家イーロン・マスク氏の影響で価格が急騰しましたが、その後数ヶ月で大きく下落。

ミームコイン投資は、ギャンブルのような側面も持ち合わせているため、失っても大丈夫な範囲で、楽しむ目的での投資であることを常に念頭に置きましょう。投資に充てるのは、あくまでも余剰資金であり、損失しても生活に支障が出ない範囲の金額のみにしましょう。

ミームコインの買う際の注意点③:信頼性の低いミームコインは買わない

2024年の暗号資産市場はビットコインETFや半減期と重なり、取引も活発化しています。それに伴いミームコインと呼ばれる暗号資産も数えきれないほど誕生しています。しかし、その中には価値のない「粗悪品」も多く存在し、投資家にとって大きなリスクとなるため、信頼性の低いミームコインは買わないようにしましょう。

信頼性の判断基準としては、ホワイトペーパー、コミュニティ、SNSなどが挙げられます。

  • ホワイトペーパー:ミームコインの開発目的、技術概要、ロードマップなどを記したホワイトペーパーは、その信頼性を判断する上で最も重要な資料となります。不明瞭な点や矛盾が多い場合は、注意が必要
  • コミュニティ:活発なコミュニティを持つミームコインは、問題発生時の対応も迅速である可能性が高い一方、コミュニティが存在しない、もしくは活発でないミームコインは、開発者が姿を消してしまうリスクも高くなります
  • SNS:XやDiscordなどのSNSは、ミームコインに関する最新情報や開発者を知るのに役立ちます。公式アカウントだけでなく、関連コミュニティの投稿なども参考にしましょう

まとめ:ミームコインの買い方は簡単。投資する際は余剰資金で行う

prévision de prix dogecoin

本記事では、ミームコインの代表銘柄の一覧と買い方、注意点について解説しました。ミームコインとは、インターネットのジョークやミーム文化から生まれた暗号資産で、主にコミュニティでの楽しみを目的に作られていましたが、近年では一部のミームコインが人気を集め、市場価値を持つようになりました。

ミームコインは国内取引所でも買うことが可能です。買い方はほかの暗号資産と同じであるため、通常の買い方と同様の方法でも購入してみましょう。また海外取引所でもミームコインは複数の取り扱いがあるため、海外取引所を利用するのもお勧めです。しかし、ミームコインは、他の暗号資産に比べて価格変動が激しく、投機的な性質が強いため、投資をする際は、余剰資金でおこなうことや、信頼性の低いミームコインは買わない点を意識しましょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー