詳細を見る

ZKasinoユーザー、詐欺捜査でイーサリアムを取り戻す

5 mins

ヘッドライン

  • ZKasinoユーザーは詐欺疑惑のETHデポジットを取り戻すことができます。
  • オランダ当局がZKasinoに関連する男を逮捕、不動産や暗号資産を含む1140万ユーロの資産を押収。
  • 暗号資産コミュニティは返金オファーに懐疑的、詐欺の手口への懸念は依然として根強い。
  • promo

暗号資産ギャンブルプラットフォームのZKasinoは28日、騒動となっている詐欺疑惑の中で、ユーザーがイーサリアム(ETH)の預金を取り戻すことができると発表した。

ユーザーは72時間以内に再請求手続きを行うことができる。

オランダ当局がZKasinoを調査

ZKasinoは28日、投資家が新しい “2ステップバックブリッジプロセス “を通じてイーサリアム(ETH)を取り戻すことができると発表した。この発表は、オランダ当局がこのプラットフォームを3000万ドルのユーザー預金を盗んだとして告発した後に行われた。

今月初め、ZKasinoに関連する26歳のオランダ人男性が詐欺、横領、マネーロンダリングの容疑で逮捕された。当局は不動産、高級車、暗号通貨を含む1140万ユーロ相当の資産を押収した。

勇気づけられるニュースにもかかわらず、暗号資産コミュニティは依然として懐疑的だ。オランダ当局と直接連絡を取らずにETHを返金するという突然の申し出は、疑念を抱かせた。人々はこの申し出の正当性を疑い、また別の詐欺の手口ではないかと心配している。

「このような駆け引きをしなくても、ユーザーは私たちのETHをすべて送り返すことができる」と、あるZKasino Legal Task Forceのテレグラムグループメンバーは語った

プラットフォームがユーザーの入金から得られるステーキング報酬について言及しなかったことが、状況をさらに複雑にしている。現在のLidoのステーキング利回り3.3%とETHの最近の価格上昇により、これらの報酬は$100,000を超えると推定されています。

関連記事:暗号資産(仮想通貨)詐欺「ラグプル」の手口と対策法を徹底解剖

ZKasinoの問題は、ETHを一時的にロックすることで報酬を約束する「Bridge-to-Earn」プログラムから3月に始まった。4月に償還期間が到来すると、ZKasinoは約3000万ドルを保留し、投資家とオランダ当局からの詐欺疑惑につながった。

この疑惑は、暗号資産コミュニティからの苦情が増加するにつれて注目されるようになった。ZigZag ExchangeはZKasinoの開発者が開発資金を私的に流用していると非難し、MEXCは予定していたZKASトークンの上場を中止した。また、Ape TerminalはZKasinoに関連するInitial DEX Offering (IDO)をキャンセルし、参加者全員への返金を保証した。

関連記事:DeFiレンディング・プロトコルにおけるリスクの特定と探索

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏も、ゼロ知識証明の詐欺的な誤用について同プラットフォームを批判し、新興技術はますます詐欺師によって悪用される流行語になりつつあると強調した。

「ZKasinoには、zksyncで生きているということ以外、何も “ZK “はありませんね?ZK “でさえ、今や十分に主流な流行語であり、本格的な詐欺師がそれを採用しています」とブテリンは述べた。

ZKasinoに対する告発と当局とコミュニティによる行動は、暗号資産市場におけるリスクを示している。再生プロセスは、ユーザーがお金を取り戻すことを約束しているが、多くのユーザーはまだ納得する必要がある。この状況は、暗号通貨プラットフォームを利用する際の注意と慎重な調査の必要性を強調している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー