詳細を見る

アンドリュー・テイトのミームコインDADDY、ユーティリティ計画中に60%急落

5 mins

ヘッドライン

  • アンドリュー・テイトのDADDYミームコイン、公共事業強化計画にもかかわらず24時間で35%下落。
  • テイトは、ダディをNFTに転換し、供給を減らして価値と独占性を高めることを目指している。
  • リアルワールド大学との統合を含む計画にもかかわらず、このコインは投資家の懐疑的な見方に直面している。
  • promo

アンドリュー・テイトの暗号資産への最新ベンチャーであるダディ・テイト(DADDY)ミームコインは18日、わずか24時間で35%の劇的な下落を見た。コインの実用性と価値を高めるというテイト氏の野心的な計画にもかかわらず、この下落は続いている。

しかし、DADDYミームコインの実用性提案をめぐる興奮は、まだ投資家の信頼にはつながっていない。テイト氏は新しいアプリケーションと統合を提唱し続けているが、コミュニティと潜在的な投資家は依然として警戒している。

アンドリュー・テイト氏がDADDYのNFT化を計画する理由

同氏はDADDYをNFTに変換し、その供給量を大幅に減らすつもりだ。

「DADDYコインの供給量を減らし、DADDYコインを1枚持っているだけで、宇宙からカルマの恩恵を受けられるようにしたい。自分のお金でコインを買い、一定の時価総額で燃やすことでそれを実現する。ダディコインの供給量は限られているので、コインを1枚でも持っていることは名誉なことなのです」とテイト氏は述べている。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

さらにテイト氏は、DADDYコインを自身のいわゆる大学「リアル・ワールド・ユニバーシティ」と統合することを計画している。同氏は、DADDYミームコイン保有者限定のアクセスを提案している。同氏はまた、大学メンバーのためのステーク報酬の可能性も示唆しており、メンバーがログインするたびに暗号資産が無料で生成される。

暗号資産インフルエンサーのRaffay Alvi氏は、DADDYミームコインのもう1つの使用例として、取引ボットを提案した。このボットは複数のブロックチェーンプラットフォームで機能し、紹介手数料を提供する。ユーザーはボットを起動させるためにDADDY memeコインを入金する必要があり、トークンに対する継続的な需要が生まれる。

DEX Screenerによると、このコインは3万8,300人以上の保有者を誇り、Gate.ioやMEXCなどの主要暗号資産取引所に上場している。テイト氏は、DADDYコインの時価総額が3億ドルに達した場合、100万ドル相当のコインを購入することを約束しており、この目標が10日以内に達成された場合、コインを燃やすことを約束している。

こうした取り組みにもかかわらず、DADDYミームコインは不安定な市場で苦戦している。コインは6月12日のピークから60%近く急落している。

DADDYの価格パフォーマンス
DADDYの価格パフォーマンス 出典:DEX Screener

さらに、インサイダー取引疑惑などの論争にも見舞われている。ブロックチェーン分析会社Bubblemapsは、インサイダーがコインのローンチを操作した可能性を示唆する疑わしい活動を報告した。

テイトのプロモーション活動の前に、インサイダーがコインの供給量の30%を購入したと報告され、市場操作の懸念が高まっている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー