詳細を見る

米投資家マーク・キューバン氏、暗号通貨詐欺に遭う|1億3000万円流出

4 mins

ヘッドライン

  • 米投資家のマーク・キューバン氏は16日、約1億3000万円(87万ドル)のハッキング被害に遭った
  • 同氏は、分散型金融(DeFi)プロトコルやNFTマーケットプレイスへ積極的に投資していることで知られる著名投資家
  • マルウェア入りと思われる、偽物のメタマスク(MetaMask)を誤ってダウンロードしたことがハッキングの原因
  • promo

米投資家のマーク・キューバン氏は16日、暗号通貨詐欺の被害に遭い、不正流出した金額は約1億3000万円(87万ドル)に上った。暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのチャンポン・ジャオCEOもこの件について言及しており、ユーザーにセキュリティ対策の見直しを促している。

キューバン氏はNBAダラス・マーベリックスのオーナーを務め、日本の人気番組「マネーの虎」のリメイク版「シャーク・タンク」にも出演する米国の著名投資家。1999年、インターネットラジオのスタートアップBroadcast.comを57億ドルで米ヤフー社に売却したことでも知られている。過去には暗号資産に否定的な見解を示していた時期もあったが、2020年以降は支持を表明し、分散型金融(DeFi)NFTマーケットプレイスへ積極的に投資している。

マーク・キューバン氏、ハッキング被害の顛末

ハッキング被害が発覚したのは16日。暗号資産アナリストのWazz氏は、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン・エクスプローラーEtherscan(イーサスキャン)で、160日間非アクティブであったウォレット「Mark Cuban 2」の資産移動を確認。当初、キューバン氏が自身で資産移動を行っているように思われたが、取引パターンに規則性がなかったため、ハッキング疑惑が浮上した。

キューバン氏は同日、海外暗号資産メディアDLNewsに対し、メタマスク(MetaMask)の偽物を誤ってダウンロードし、その後ハッキング被害が発生したことを報告した。問題とされる偽物のメタマスクは、マルウェア(侵入用ハッキングツール)の一種と思われる。メタマスクを装ったマルウェア入りアプリケーションをインストールし、シークレットキーやシードフレーズを入力した場合、ハッカーによるアクセスを許し、ウォレットの保有資産を流出する。

キューバン氏はなお、ハッカーが資産を持ち去る前に200万ドル(約3億円)のUSDコイン(USDC)を転送し、保有するNFTをロックするなど、部分的な被害の食い止めに成功。キューバン氏のハッキング被害を受け、CZ氏はユーザーにセキュリティ対策の見直しを喚起している

暗号資産の保管方法に関する詳細記事はこちら

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー