詳細を見る

ポリゴン(MATIC)価格が上昇中 ― 投資家たちの楽観論

4 mins

ヘッドライン

  • MATICの価格は、0.65ドルのサポートから0.81ドルに達した後に跳ね返された後、戻って道を作っている。
  • 投資家たちは利益確定を脇に置き、代わりに供給で利益を上げることに集中している。
  • 資金調達レートも回復しており、トレーダーがMATICに対して強気の賭けをしていることを示唆している。
  • promo

ポリゴン(MATIC)価格は23日、投資家に支えられた迅速な回復が見られた。

このアルトコインは間もなく、4月初旬の調整で失った利益を取り戻す道を歩むかもしれない。

ポリゴン(MATIC)投資家は楽観的

MATIC価格は日足チャートで上昇しており、ポリゴン(MATIC)の投資家はこの回復の可能性に注目している。投資家らはそれに従って行動しており、ネットワークはここ数日、最小限の売りにとどまっている。

このセンチメント(市場心理)は本稿執筆時点でも拡大している。アクティブなアドレスを収益性で分類すると、利益を上げている投資家は全体の6%に過ぎないことがわかる。これは、利益が出ている投資家が売却を選択せず、HODLingが支配的なセンチメントになっていることを意味する。

収益性によるMATICアクティブアドレス。
MATICの収益性別アクティブアドレス|出典:IntoTheBlock

売却は潜在的な価格上昇を妨げるだけであるため、これは回復を支える上で極めて重要である。

関連記事:仮想通貨ポリゴン(MATIC)の将来性

回復をさらに後押ししているのは、先物市場のトレーダーだ。海外の投資家は、MATIC価格に対して強気の賭けを行い、楽観的な見方と自信を示している。このことは、ここ数日マイナスが続いているファンディング・レートからも明らかだ。

ファンディングレートは、価格均衡を維持するためのロングとショートの先物契約者間の手数料を表している。通常、マイナス金利は短契約の優位性を表し、プラス金利は長契約の優位性を示す。

MATICの資金調達率。
MATICファンディングレート|出典:Coinglass

MATICのファンディングレートがマイナスからますますプラスに回復していることを考えると、アルトコインがすぐに成長を目撃する可能性があることを示している。

MATIC価格予測:このバウンスは必要

本稿執筆時点の0.72ドルで、MATICの価格は0.72ドルの重要なサポートのすぐ上にある。この水準は過去に何度もサポートとしてテストされ、一般的に上昇を続けてきた。

したがって、このレベルがサポートとして固まれば、MATICの価格は0.81ドルまで上昇しようとするかもしれない。このレベルを突破すれば、今月初めに目撃された損失の半分近くを回復できるだろう。

MATIC/USDT 1日チャート.
MATIC/USDT 1日チャート|出典:トレーディングビュー

関連記事:ポリゴンの買い方完全ガイド

しかし、0.72ドルがサポートとして失われた場合、MATICの価格は0.65ドルまでなだれ込む可能性あり、強気のテーゼが無効になり、0.60ドル以下までドローダウンする可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー