詳細を見る

OKXのSUIトークンIEO、公募額の15倍となる453億円が集まる

3 mins

暗号資産(仮想通貨)取引所OKXは24日、SUIトークンのIEO申し込み受付を終了した。公募額約30億円に対し、15倍となる約453億円が集まり、今後の抽選で選ばれたユーザーがIEOに参加可能。SUIトークンは、メインネット開始間近の次世代L1ブロックチェーン「スイ(Sui)」が発行・運営する。

IEOとは:
暗号資産(仮想通貨)取引所がプロジェクトを代行して行うトークンセール。イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(Initial Exchange Offering)の頭文字を取った略称。

スイ・ブロックチェーンは5月3日にメインネットを開始予定。これに先立ち、クーコイン(KuCoin)、バイビット(Bybit)、OKXの3つの海外取引所で、SUIトークンのIEOを実施していた。

OKXは23日11時から24日11時の24時間、SUIトークンのIEO申し込み受付を行った。今回のIEOにおけるSUIトークンの販売枚数は22億5千万枚で、販売価格は1SUIにつき0.1ドル(約13.4円)。

2022年10月には、競合関係にあるディエム系L1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」がメインネットを開始。独自トークン「APT」は上場直後から時価総額トップ50位に入る人気銘柄となっていることから、SUIトークンにも期待が集まっている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー