詳細を見る

ユニスワップ、SEC訴訟の中、67%の手数料値上げを実施

4 mins

ヘッドライン

  • ユニスワップ、取引手数料を0.25%に引き上げ、SECの措置に対応。
  • 新料金は、運営と潜在的な弁護費用をサポートすることを目的としている。
  • ユーザーは他のインターフェイスを使って手数料を回避することができる。
  • promo

ユニスワップは14日、分散型取引所の取引手数料を約67%値上げした。この動きは、米証券取引委員会(SEC)がDeFiプロトコルに対して法的措置を取る可能性があることを受けてのもの。

公式サイトによると、ユーザーはほとんどのスワップで0.25%の手数料を支払う必要があり、従来の0.15%から引き上げられた。

ユニスワップ、法的闘争に備え手数料を値上げ

Uniswapは、この手数料の調整について、事業の持続可能な資金を確保することが目的であることを明らかにした。手数料が適用される取引は増加しているが、同一の原資産を持つステーブルコインペアのスワップやWETHのラップとアンラップなど、特定の取引は引き続き手数料が免除されている。

ユーザーはUniswapにアクセスするための代替インターフェースを利用することで、手数料を回避することができる。しかし、メインネットとサポートされているレイヤー2ネットワークで行われる取引は、手数料の増加が発生します。

関連記事:ユニスワップ(UNI)を購入できる取引所と購入方法

ユニスワップの手数料
Uniswap Labsインターフェース手数料|出典:ユニスワップ

興味深いことに、手数料の改定は、UniswapがSECから強制措置の前兆であるウェルズ通告を受けたことを認めたことと一致している。その結果、市場関係者は、Uniswapの取引手数料の引き上げは、金融監視当局からの法的手続きの可能性を見越して、同社の財務的余裕を強化するための戦略的な動きであると示唆した。

「インターフェイス手数料は、ユニスワップ・ラボに支払われ、プロトコルを中心とした製品を開発するチームの運営資金となる。あるいはこの場合、業界全体を代表してSECと訴訟を戦うことになる。もし手数料を払いたくないのであれば、アグリゲーターを使えばいい。暗号資産プラットフォームBlockwork Research研究者ダン・スミス氏は、「通常のユーザーは、アグリゲーターを利用した方が良い(注:アグリゲーターにも手数料がかかることが多い)」と述べている。

暗号資産に対するSECの訴訟は長期化する傾向にあり、財政的にも負担が大きい。例えば、リップル社は現在進行中のSECとの訴訟で2億ドル以上を費やしている。

ユニスワップは、必要とされるかもしれない多額の財政支出にもかかわらず、訴訟に異議を唱えることを表明した。同社は、その努力をDeFiの原則を守るための重要なステップと考えている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー