詳細を見る

ビットワイズ、米国の政治的変化で暗号資産の史上最高値を更新する「アルファ」

7 mins

ヘッドライン

  • 暗号資産に有利な米国の政治的シフトが市場を最高値に押し上げる可能性がある。
  • 規制を明確にすることで、20兆ドルもの潜在的な投資を掘り起こすことができる。
  • 暗号資産、米国の両大政党から政治的支援を受ける
  • promo

ここ数週間、米国の政治環境は暗号資産産業に対する姿勢を変える兆しを見せている。Bitwiseの最高投資責任者(CIO)であるマット・ホウガン氏は、このような姿勢の変化が暗号資産市場を史上最高値に更新する可能性があると考えている。

暗号資産コミュニティ以外ではあまり注目されていないが、この政治的変化は投資家にとって大きなチャンス、すなわち「アルファ」をもたらす可能性がある。アルファとは、暗号資産市場における用語で、トレーダーに優位性を与え、市場を凌駕する可能性のある情報を指す。

ビットワイズ規制の明確化により暗号資産が20兆ドル市場になる可能性

Hougan氏は、下院が5月8日にStaff Accounting Bulletin No.121(SAB121)を廃止するH.J. Res.109を採決したことでシフトが始まったと指摘する。SAB121は米国証券取引委員会(SEC)の規則で、大手銀行が暗号資産を保管することを禁じている。

この超党派の支持は上院にも及んだ。ジョー・バイデン大統領はこの法案に拒否権を発動したが、この可決は米国史上初の暗号資産に対する前向きな立法措置となった。

関連記事:暗号資産規制:利点と欠点は?

下院は5月20日、21世紀金融革新技術法案(FIT21)を採決した。この包括的な暗号資産法案は、商品先物取引委員会(CFTC)に主要な監督権限を与えるものだ。しかし、SECのゲーリー・ゲンスラー委員長とジョー・バイデン大統領はFIT21法案に反対を表明した。

この勢いは、SECがイーサリアム(ETH)の上場投資信託(ETF)の申請を承認したことでも続いている。FIT21法案に対するゲンスラーのスタンスからすれば、この決定は驚きである。しかし、この承認には、ステーキングの側面を取り除くという条件が付されていた。

フーガン氏は、ワシントンの姿勢が全体的に前向きに変化したことは、成長の大きな可能性を秘めていると見ている。同氏は、20兆ドルとも言われる富を管理するファイナンシャルアドバイザーにとって、規制の不確実性が大きな障壁になっていると考えている。Bitwiseによると、アドバイザーの64%が、ポートフォリオにおける暗号資産へのエクスポージャを制限している主な理由として、この不確実性を挙げている。

「最大の障壁が取り除かれた時、20兆ドルのうちどれだけが暗号資産に向かうか想像してみてください」とフーガン氏は概説する。

さらにフーガン氏は、ニューヨーク銀行、ナスダック、ステート・ストリート銀行といったウォール街の大手銀行を例に挙げる。同氏は、これらの銀行は規制上の懸念から暗号資産への参入をためらったり、遅れたりしてきたと指摘する。しかし、規制が明確になれば、これらの銀行が暗号資産を全面的に採用する可能性があり、市場を大きく活性化させるだろう。

暗号資産は超党派の問題である

専門家は、今度の選挙がバイデン政権の暗号資産に対するスタンスの変化に大きく影響すると考えている。BeInCryptoによると、業界の主要人物数人が、暗号資産支持の候補者を支援するようコミュニティに呼びかけているという。

リップル社やコインベース社などの主要企業は、デジタル資産に友好的なスーパー政治活動委員会(PAC)であるフェアシェイク社に多額の寄付を行い、支持を表明している。こうした動きが活発化する中、暗号資産コミュニティには政治環境に影響を与えるまたとない機会が訪れている。

さらに、大統領選挙にも出馬しているドナルド・トランプ前大統領は、暗号資産に焦点を当てたキャンペーンを戦略的にターゲットにしている。トランプ氏は暗号資産に抵抗がないことを表明し、暗号通貨での寄付を受け入れた。

同氏はまた、現在の米国の規制措置を敵対的と批判し、業界に対するより歓迎的なアプローチを約束した。最終的に同氏は、暗号資産を支持する人々に同氏への投票を促した。

Grayscaleのレポートによると、2大候補の間には差があるものの、暗号資産は超党派の問題であり、共和党(18%)と民主党(19%)の所有率はほぼ同じである。どちらの政党がこの業界に好意的かについては、有権者の意見は割れている。

インフレと経済情勢は共和党が重視する論点のひとつである。
インフレと経済状況は、共和党員が評価する問題のひとつである|出典:グレースケール

30%が民主党と共和党が暗号資産政策に最も好意的な立場をとっていると考えており、政治的なスペクトルでバランスの取れた関心があることを示唆している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー