詳細を見る

Astar(アスター)を購入できる国内取引所と買い方

10 mins

ヘッドライン

  • Astar(アスター)はポルカドットのパラチェーンとして開発された「アスターネットワーク」が発行するトークン
  • Astarは「GMOコイン・ビットバンク・OK coin japan」にて購入可能
  • Astarのステーキングサービスやつみたて投資サービスなども国内取引所で利用可能

Astar(アスター)はポルカドットのパラチェーンとして開発された、分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォーム「アスターネットワーク」が発行するトークンです。Astarは、DAppsの開発や普及に貢献するブロックチェーンと世界中から注目されています。

そこで本記事では、Astarを購入できる国内取引所と買い方を紹介します。Astarに興味がある人や、購入を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

Astar Network(アスターネットワーク)とは?

アスターネットワークとは、ポルカドットのパラチェーンとして開発された、分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームであり、日本発のパブリックブロックチェーンです。マルチチェーン時代のスマートコントラクトハブを目指しており、渡辺創太氏を中心としたStake Technologiesが開発を行っています。

  • ポルカドットのパラチェーン
  • マルチチェーン環境
  • dApps Stakingの採用

アスターネットワークは上記3つの特徴をもっており、世界的なVCからも出資を受けています。

Astar(アスター)を購入できる国内取引所

Astar(アスター)を購入できる国内取引所を解説します。

  • GMOコイン
  • ビットバンク
  • OK coin japan

Astarを購入できる国内取引所①:GMOコイン

GMOコインは、GMOIインターネットグループが運営する取引所であり、他の金融サービスとの連携や、グループで培った金融ノウハウを活かした運営が特徴です。

2023年3月22日より、ASTRの取り扱いを開始しました。また、ASTRのステーキングサービスも開始しており、ステーキングサービスの提供は国内初となります。ASTRを保有するだけで、報酬を受け取れる仕組みになっており、ステーキング報酬額は変動制、年率3.0%〜3.8%の見込みです。

Astarを購入できる国内取引所②:ビットバンク

ビットバンクは、取り扱い銘柄数を強みにしている取引所で、現在31種類の通貨を販売所で購入できます。

ASTRの取り扱いは、2022年9月26日から開始しており、国内で最初の取り扱いとなっています。ビットバンクは、取引所での注文によって手数料が発生するのではなく、手数料が還元されるという仕組みを導入しています。

Astarを購入できる国内取引所③:OKCoinJapan

OKcoinJapanは、中国大手仮想通貨取引所「OKX」(旧OKEx)の日本法人です。2017年9月に設立され、日本国内で暗号通貨の取引サービスを提供しています。

OKCoinJapanもASTRのステーキングサービスを12月より開始します。ASTRのステーキングサービスでは、国内最大となる最大年率6.88%のステーキング報酬を得ることができます。なお、OKcoinJapanでは、ASTRのつみたてサービスも利用できます。

Astar(アスター)の買い方

Astarの買い方について解説します。

  • 暗号通貨取引所の口座開設
  • 口座へ日本円を入金
  • Astar(アスター)の購入

Astarの買い方①:暗号通貨取引所の口座開設

Astar(アスター)を取り扱っている国内取引所で口座を開設します。手数料や、暗号通貨サービス、取り扱い銘柄数などは異なるため、各取引所を比較しつつ、選定しましょう。口座開設に必要な情報(メールアドレス、パスワード、身分証明書のアップロードや住所の確認)を入力し、口座開設を完了させましょう。

Astarの買い方②:口座へ日本円を入金

取引所に口座を開設したら、日本円を入金します。入金には、銀行振込やクレジットカードが利用できますが、入金方法は、各取引所によって異なります。入金手続きが完了すると、取引所の口座に資金が反映されます。

Astarの買い方③:Astarの購入

入金が完了したら販売所・取引所でAstar(アスター)を購入することができます。購入する数量や価格を指定し、注文し、約定すると、Astarが取引所ウォレットに反映されます。確認ができれば、完了です。

Astarを取引所のステーキングに回して運用することも、自分でDeFiにアクセスし、高い利回りで運用することもできます。

ArthSwap( DEX)を利用し、Astarの運用も可能

ArthSwap(アーススワップ)とは、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Network上のDEX(分散型取引所)です。2022年1月にローンチされ、シンプルなUIと高いAPY(年換算利回り)が特徴です。

Arthswapでは、ASTRDOTなどのトークンスワップ・流動性提供・ステーキングしたりすることができ、また、Astar Networkの「Build2Earnプログラム」に参加しているプロジェクトでもあります。ガバナンストークン「ARSW」保有することで、手数料を安く抑えることができ、一連のトークンエコノミクスが形成されています。

ArthSwap(アーススワップ)でできるステーキング種類を解説します。

  • ARSWステーキング
  • 流動性ファーミング
  • IDOステーキング

ArthSwapはAstar Networkの基盤となるDEXであるため、Astar Networkの成長と共に、利用者も増加していくと予想されます。ASTRを長期保有する人は、ぜひArthSwap上でも運用してみてください。

まとめ:Astar(アスター)は複数の国内取引所で購入可能

本記事では、Astar(アスター)の特徴と、Astarを購入できる国内取引所と買い方について解説しました。ポルカドットのパラチェーンとして開発された、分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォーム「アスターネットワーク」が発行するトークン。

Astarは、GMOコイン・ビットバンク・OKCoinJapanで購入が可能です。また、Astarのステーキングサービスやつみたて投資サービスも利用できるため、ぜひ本記事を参考にAstarの購入を検討してみてください。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー