詳細を見る

Guru Networkのコンプリートガイド

28 mins

Guru Networkは、ブロックチェーンとAI技術の交差点で活動する先進的な分散型プロジェクトです。そのサービスの多くは、マルチステッププロセスの自動化を必要とするビジネスやプロジェクト向けに調整されています。この記事では、2024年のGuru NetworkとそのネイティブGURUトークンについての完全ガイドをお送りします。

Guru Networkとは?

Guru Networkは、製品とサービスの革新的なエコシステムです。Guru Networkは、AI機能の構築や強化を目指すブロックチェーンベースのプロジェクトやアプリのためのAIコンピュート・マルチチェーンレイヤーを開発しています。

同プロジェクトは当初、分散型取引所(DEXGuru Trading Terminal)として立ち上げられ、その後、現実世界のビジネスプロセスと人工知能(AI)およびブロックチェーン技術を融合させたオールインワン・プラットフォーム(Guru Network)へと進化しました。2024年、このプラットフォームはAIに特化したアプリケーション開発と展開を簡素化する原動力となっています。

Guru Networkは、ブロックチェーンビジネスプロセス自動化(BBPA)のためのフレームワークを提供し、最小限のコーディング要件でアプリ開発を容易にします。これにより、ユーザーから複雑さを取り除くことができ、ユーザーは顧客のための価値創造に集中することができます。

マルチチェーンAIコンピュートレイヤーにより、構築者は複数のブロックチェーン上のアプリケーションにオーケストレーションされたAIエージェントをネイティブに組み込むことができます。

AIによる現実ビジネスプロセスの限界評価が重要とされる理由

Guru Networkは、現在ビジネス向けに提供されているAIの自動化における多くの限界と戦っています。現代のAIモデルは、パターン認識、自然言語処理(NLP)、データ分析、その他多くの単純作業に使用することができます。しかし、現実の世界では、AIの欠陥が露呈し、ビジネス・プロセスにおけるAIの可能性を制限している事例がいくつかあります。

例えば、最新のAIモデルは、複数の段階を含むプロセスの自動化に苦戦しています。このため、目的が複雑な状況で、このようなモデルだけに頼るのは非現実的です。

正確な問題を解決するためには、正確な問題を持つことがとても重要です。明確でない場合、何が問題なのかさえわからない問題を解決しようとすることになります。

Datamatics社CEO、Rahul Kanodia氏

さらに、複数の参加者が関与する大規模な業務やプロセスでAIを使用する場合、AIは拡張できません。この欠点は、ペースの速い環境では大きなボトルネックとなります。

最後に、AIシステムは現実世界の出来事や行動と相互作用する際に自信がありません。これは、物理的領域とデジタル領域のギャップを効果的に埋める可能性を制限します。

Guru Networkは、これらの問題を解決することを目指しています。ブロックチェーンとAIをシームレスに融合させることで、Guru Networkは効率を超高速化し、分散型フレームワークの中でパフォーマンスを最適化し、アプリケーションがコンテキストを決定的に認識することを保証します。

Guru Networkの特長

Guru Networkは、分散型アプリケーション(DApps)の機能性と効率性を高める一連の機能を提供します。これらの機能により、様々な分野での安全でスケーラブルかつ効率的な運用が保証されます。

AIによるユーザーフロー・オーケストレーション

Flow Orchestratorは中央ハブとして機能し、ネットワーク全体の活動を調整します。ビジネスプロセスを定義してBBPAエンジンにディスパッチし、Guru Data Warehouse、Block Explorer、取引端末(DexGuru)からデータを取得します。

基本的に、Guru Flow OrchestratorはAIモデル、オンチェーンプロセス、オフチェーンデータをリンクさせ、業務のシームレスな流れを確保します。これにより、効率が向上し、DAppsの範囲が広がります。

この機能は、ユーザーに最小限のコード開発環境と、プロジェクトの作成と管理を合理化するユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。

クロスチェーン相互運用性

Chainlink Cross-Chain Interoperability Protocol (CCIP) は、トークンを転送し、他のブロックチェーン上のスマートコントラクトに任意のメッセージデータを送信するためのソリューションです。Guru NetworkのサービスにCCIPを統合することで、安全で効率的なオフチェーン計算とデータフィードが保証されます。

このアーキテクチャにより、金融、サプライチェーン、自動化された顧客とのやり取りなどの分野におけるスケーラビリティの向上が可能になります。また、CCIPは複数のEVM互換ブロックチェーン上で機能するため、Guru Networkはさらに多くのネットワークにサービスを拡大することができます。

AIエージェントをネイティブでルーティンに組み込む

個々のエージェントによるユーザーワークフロー:docs.gurunetwork.ai

Guru Network上の個々のエージェントは、AWS Lambda関数に似ています。AWS Lambdaファンクションは、サーバーを管理することなく、イベントやリクエストに応じてアプリケーションのコードを実行するコンピューティングサービスです。

一方、個々のエージェントは、タスクをサブスクライブし、様々なオペレーションを実行し、Guru Networkの経済フレームワーク内で相互作用します。エージェントが実行するタスクは様々で、以下のようなものがあります:

  • AIモデルリクエストの実行
  • ノンカストディアル取引の実行
  • 取引戦略と指標に基づく売買シグナルの計算

Guru Networkのサービス

Guru Networkのサービス: chainflow.dexguru.biz

取引のターミナル

DexGuruはGuru Networkの取引端末です。ネットワークが提供する最初のサービスです。DexGuruは機能の宝庫であり、様々な方法でユーザーに価値を提供しています。含まれている要素は以下の通りです:

  • TradingViewチャート: トークンのチャートにアクセスし、テクニカル分析を行うことができます。
  • トークンのプロフィール:各トークンの統計、分析、オンチェーンデータに基づく完全なトランザクションを表示します。
  • メタ集約: DexGuruが取引を最適化し、最良のレートを見つけるために使用するメカニズム。
  • 指値注文: DexGuruは1inch取引所を通して指値注文をルーティングします。
  • クロスチェーンスワップ:LiFiブリッジを使用し、ブリッジを集約してスワップをサポートします。
  • アラートと通知: 価格通知を常に把握することができます。
  • マルチチャート: 1つのタブでトークン・チャートをカスタマイズできます。
  • モバイルアプリ: AndroidとiOSの両方に対応。

これらは取引ターミナルが提供する機能のほんの一部です。ユーザーは、オンチェーン分析および取引に役立つこれらの機能および追加機能を楽しむことができます。

DexGuru: dex.guru

ブロック・エクスプローラ

Guru Networkのブロックエクスプローラーは、基本的にアプチェーン用のEtherscanの代替です。ポートフォリオビュー、トークン残高、スマートコントラクト検証など、標準的なブロックエクスプローラーと同じ機能を提供しています。

その他にも、トレース、ABI実行インターフェース、TradingViewチャート、開発者向けAPI、EVM互換ブロックチェーンへの統合など、高度な機能を備えています。これらには以下が含まれます:

データ・ウェアハウス

データウェアハウスは、アナリティクス、AI、機械学習(ML)などのデータ集約型アプリケーションをサポートするオンチェーンデータアクセスソリューションです。データの取り込み、可視化、リアルタイムストリーミングのための高度なツールを提供します。

このツールを使用すると、ブロック・エクスプローラとサービスを統合して高度なデータ・クエリを実行したり、AIを搭載したビジュアルSQLエディタを活用したり、ダッシュボードを作成して複雑なデータを視覚化したり、データウェアハウスと統合したり、コミュニティ主導のAPIエンドポイントを使用したりすることができます。

GURUフレームワーク

ソフトウェア開発キット(SDK)であるGURUフレームワークは、DAppsの開発、デプロイ、管理のための開発プロセスを合理化するように設計されています。GURUフレームワークは、AIをDApp開発に統合することを可能にする一連のツールとライブラリをユーザーに提供します。

具体的な機能としては、Flow Orchestratorとの統合、BBPAエンジンへのアクセス、複数のブロックチェーンネットワーク間でのスマートコントラクトの同期、Web2とWeb3を橋渡しするAPI、個々のエージェントの作成と管理、Shared Event Busの利用などが挙げられます。

コミュニティとエンゲージメント

Guru Networkには必要な参加者が数名参加しており、それぞれが長期的な持続可能性のための結束したシステムを構築するユニークな任務を担っています。以下は、そのセットアップのスナップショットです。

役割詳細
グルズ(Gurus)コアな貢献者を含みます: AIプロセッサ、コンピュートノードランナー、個人ワーカー。
個別エージェント柔軟なイベント駆動型の計算ユニット。BBPAエンジンから出される特定のタスクに反応します。Guru Network内の絶対的経済単位として、個々のエージェントはタスクを成功・完了することで報酬を受け取ることができます。
エコシステム・プロジェクト複数のBBPAオーケストレーションとデータシナリオを組み合わせ、特定のタスクやビジネス機能を解決する小売業やビジネスプロジェクトです。また、グルとして活動し、AIプロセッサ、GURU AIアシスタント、および個々のワーカーをIAAS(infrastructure-as-a-service)カタログに公開する機会もあります。
インテグレーターインテグレーターは、Guru AI Flow Orchestratorとフレームワークの企業間導入を提供する中間層です。
リテール・ユーザーテールユーザーは、ネットワーク上のアシスタントとして財布を使用します。また、デバイスやウォレットがアイドル状態のときに起動する個別エージェントを選択できる「Compute by Earn」機能を利用することもできます。

このような役割へのユーザーの関与は、Guruネットワーク全体に価値を生み出すフィードバックループを生み出すため、非常に重要です。この価値は、ガバナンスメカニズム、ハッカソン、開発者プログラム、Guruトークンがエコシステムを豊かにし、報酬やインセンティブ機能が展開されるにつれて、さらに高まるでしょう。

GURUトークン

$GURUはGuruネットワークのネイティブトークンです。GURUは、Guruエコシステムの多くの参加者、例えば貢献者やステーカーに収益を分配するために使用されます。収益分配ツールであると同時に、このトークンは広範なGuruエコシステムに電力を供給します。GURUは、トランザクションやサービス料、AI使用料や計算料、Flowオーケストレーター料などの支払いに利用されます。

トークノミクスとインセンティブ・メカニズム

Gurusや個人エージェントは、主に以下の2つのメカニズムを通じてインセンティブを得ます:

  • IAASカタログに掲載されているBBPMプロセスからのインスタンス化費用。
  • サービスとして個別エージェントを提供し、計算タスクのためにインフラを提供することでネットワーク運用をサポートすることによる料金。

ユーザーはGURUトークンをロックしてネットワークをサポートし、報酬を得ることもできます。このトークンは、貸し出し、借り入れ、イールドファーミングなど、ステーキング以外のパッシブインカムも提供する予定です。GURUはブリッジングや相互運用サービスのサポートにも使用されます。

GURUの総供給量は1,000,000,000GURUに設定されています。初期の流通供給量は、総供給量の20〜30%程度となる予定です。

トークンの割り当ての内訳は以下の通りです:

  • 主な貢献者:20%
  • 組織の財務:20
  • エコシステムの開発:10%
  • 投資家:20%
  • アドバイザー:2%
  • パートナーシップ:1%
  • 早期流動性と価格設定 10%
  • マーケティング:3%
  • 取引所への上場:2%
  • LBP:10%
  • 助成金:2%

Guru Networkで構築されたサービス

既に多くのプロジェクトが、様々な分野にわたってGuruのサービスを統合しています。明確な例は、GuruのDexGuru、Block Explorer、Data Warehouseです。しかし、ここでは他のサービスの例をいくつか紹介します:

  • アート・フュージョン・ツリー:アート・フュージョンは、ミクストメディア・アーティストが、インテリアやエクステリアのコミッションワークを制作するためのプラットフォームです。
  • Pixelpact.ai: AIでパーソナライズされたアートを制作するプラットフォームです。NFTを造幣し、アートを身につけることもできます。
  • NiftNet MemeCoin(ローンチプラットフォーム)
  • RealityCraft(ローンチプラットフォーム)

チームとアドバイザー

Guru Networkは、Evgeny VakhteevとNick Sawinyhの発案です。Sawinyhは、ブロックチェーン、暗号、Web3の領域でアプリケーションの成長と開発に10年以上の経験を持っています。また、製品およびマーケティングリーダーとしての経験もあり、以前はDefiprimeを設立していました。

Vakhteevは現在、Guru Networkの取引端末であるDexGuruのCTOを務めています。彼はかつてHuluでソフトウェア開発者として経験を積み、複数の企業でCEOを務めた経歴もあります。その他のチームメンバーは以下の通りです。

  • Gennady Omyshev – リードデザイナー
  • Sergey V. – データベース
  • Ilya Bozhko – プロダクトデザイナー
  • Vitaly Vakhteev – ソフトウェア開発者

パートナーシップ

Guru Network パートナー: chainflow,dexguru.biz

DexGuruプラットフォームは、2回の資金調達ラウンドで少なくとも600万ドルの資金を調達しました。ParaFi Capitalが主導した最初のラウンドでは100万ドルを調達。第2ラウンドでは、Huobi、Wintermute、Sandeep Nailwalのようなおなじみの顔ぶれから500万ドルを集め、その他にも10以上のエンジェル投資家、企業、会社が参加しました。その一部を紹介します。

  • Impossible Finance
  • Shima Capital
  • Mirana Ventures
  • Legos Capital
  • HoneyDAO
  • Nima Capital
  • Incuba Alpha
  • D1 Ventures
  • Andromeda Capital
  • Woodstock
  • Daedalus
  • Supernova
  • Cadenza Ventures

これらの投資により、GURUネットワークは、シンプルなEVM対応取引端末としてスタートした当初から、2024年には拡張されたプラットフォームへと拡大することができました。

ロードマップとマイルストーン

2024年第1四半期、プロジェクトはコミュニティとアーリーアダプターへのアクセス、ブロックエクスプローラーとデータウェアハウスのフェーズ1テストネット、Web3オートメーションとAIプラットフォームの導入に注力しました。第1四半期から第2四半期にかけては、BBPAエンジンとチェーンリンクのCCIPの同期も行われました。

この期間には、トークン生成イベント、Fjord Liquidity Bootstrapping Poolの実装、Base Layer 3テストネットの立ち上げ、Individual Agentsプラットフォームの立ち上げも行われます。第2四半期から第3四半期にかけては、ハッカソンとコミュニティ・エバンジェリズムの開始が予定されています。

AIコンピュート・レイヤーの進歩は2024年第3四半期に見られるでしょう。グルネットワークはまた、シンクレイヤー、プライベートチェーンのコンピュート、BBPAエンジンとフローオーケストレーターの分散化としての地位を確立するでしょう。

ビジネス界をWeb3に

Guru Networkは、オフチェーンとオンチェーンの世界をつなぐ包括的なプラットフォームです。人工知能とブロックチェーンのイノベーションを活用し、タスクを自動化し、ビジネスの世界を未来へと推進します。これにより、開発者や創業者は自分たちが最も得意とすることを行い、顧客のための価値創造に集中することができます。Guru Framework SDK、Data Warehouse、Guru Layer 3、その他多くのサービスを通じて、この拡大するエコシステムは、web3やそれ以降のビジネス、プロジェクト、開発者に価値あるサービスを提供します。

よくある質問

Guru Networkとは?

Guruトークンとは何ですか?

Guru Networkのインセンティブは何ですか?

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。KADOKAWA 雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきました。近年は暗号資産関連の記事も執筆しているほか、SEOスペシャリスト、マーケティング関連業務に従事。 専門分野:SEO、WordPress、マーケティング、編集、翻訳
READ FULL BIO