詳細を見る

ドージコイン(DOGE)とは?DOGEの仕組みや将来性について解説

14 mins

ヘッドライン

  • ドージコインは2013年にインターネットミームを基に誕生し、低取引手数料と高速取引で人気を博しています。
  • Scryptアルゴリズムを採用し、1分のブロックタイムで迅速な取引が可能。著名人の支持が価格に影響を与えています。
  • 発行上限がないが、活発なコミュニティと技術進化により、将来性が期待される。リスク評価とボラティリティに注意が必要です。

ドージコイン(DOGE)はもともと、2013年にビリー・マーカス氏とジャクソン・パーマー氏によってインターネットミームを基に作られた暗号資産で、そのユニークな起源にもかかわらず、人気を集めています。最近では、取引手段などとしても注目されており、特に著名人やインフルエンサーによる支持がその価値を押し上げています。この記事では、ドージコインの特徴や将来性について詳しく解説し、その成長の可能性と市場における位置づけを探ります。

ドージコインの仕組み

ドージコインは、ライトコイン(LTC)をベースにしており、そのコードベースを元にしています。ライトコインはビットコイン(BTC)をモデルに2011年に誕生し、ビットコインが抱えるトランザクション処理速度の問題を解決する目的で開発されました。このため、技術的にはビットコイン、ライトコイン、ドージコインの3つの通貨には多くの共通点があります。例えば、取引を承認する際のコンセンサスアルゴリズムには「PoW(Proof of Work)」を採用しています。もともとドージコインは、オンラインでのティッピング専用暗号資産して、早い確認時間と低い取引手数料を活かして使用されていました。

関連記事:PoSとPoWの違いやメリット・デメリットを解説

マイニングアルゴリズムとトランザクション速度

ドージコインのマイニングアルゴリズムはScryptを採用しており、これにより、より分散されたマイニング環境が実現されています。また、ドージコインのブロックタイムは1分と非常に短く、これにより取引の承認が迅速に行われます。ビットコインの10分やライトコインの2分30秒に比べて、ドージコインは約1分で取引が完了するため、高速・低コストな送金が可能です。これが、小額決済やチップとしての利用に適している理由です。また、送金手数料もビットコインやライトコインと比べて割安である点も、ドージコインの大きなメリットです。

関連記事:ブロックチェーンの仕組みとは?暗号資産の根幹となるシステムをわかりやすく解説

ドージコインの市場的観点

Dogecoin DOGE記念日、ミームコイン、10周年。

2024年現在、ドージコインの時価総額は約171億ドルに達しており、流通供給量は約1449億枚です。時価総額ランキングは10位に位置しており、ドージコインは暗号資産市場においても重要な地位を占めています。市場におけるドージコインの位置づけは、主に「ミームコイン」としての側面が強いですが、そのコミュニティの支持と独自の文化が市場での存在感を高めています。

関連記事:ミームコインの買い方と注意点

発行上限がない

多くの暗号資産は発行数量に上限を設定していますが、ドージコインには発行上限が設定されていません。例えば、ビットコインは2100万枚、ライトコインは8400万枚の発行上限が設けられていますが、ドージコインは無制限に発行可能です。これにより、価格の上昇が抑制されるリスクがありますが、その一方で、コミュニティの強い支持や著名人の影響で価格が高騰することもあります。

ドージコイン支持者とコミュニティの影響

ドージコインは、多くの著名人や企業から支持を受けており、特にテスラCEOのイーロン・マスク氏のツイートがその価値に大きな影響を与えています。スポーツチームや慈善団体もドージコインを利用しており、2014年の冬季オリンピックではジャマイカのボブスレーチームのために5万5,000ドル以上を調達しました。

マスク氏の影響力は特に大きく、2019年からのツイートが価格に影響を与え、2021年には「月に吠えるドージ」のミームの影響でで史上最高値を更新しました。同年5月にはマスク氏がサタデー・ナイト・ライブで「DogeFather」と自称し、価格は急騰しました。

また、RedditやTwitterなどのプラットフォームでのユーザー活動もドージコインのエコシステムを支えており、特にRedditの「r/dogecoin」コミュニティは普及と支援に大きく貢献しています。

関連記事:ドージコインの買い方ガイド ー 将来性も検証

ドージコインの将来性と課題

最高価格 (ドル)最低価格 (ドル)
20240.1790.059
20250.4450.056
20260.4540.138
20270.5780.236
20280.9790.402
20291.6580.686
20302.811.17
20314.7621.998
20328.0693.411
203313.6725.821
203423.1689.935
203539.25916.957

BeInCryptoの価格予測によると、2024年のドージコイン(DOGE)価格は強気になっており、年末までに0.179ドルに達すると予想されています。控えめな予測では、0.159ドルまでの上昇が見込まれますが、下落幅は最大で68.81%とされ、0.059ドルまで下がる可能性もあります。2025年にはさらなる上昇が予想され、0.445ドルに達する可能性があります。イーロン・マスク氏の支援や新たなユースケースの出現が期待されています。2030年には2.81ドルに到達する可能性があり、2035年には最高で39.259ドル、最低でも16.957ドルに達すると予測されています。全体的に、ドージコインの長期的な価格上昇のポテンシャルは非常に高いと見られています。

技術的進化と開発ロードマップ

Dogecoin(DOGE)の価格

技術的進化と開発ロードマップにおいて、ドージコインは今後も改良が期待されています。現在、非営利団体のドージコイン財団が開発を主導しており、2021年12月には今後の目標をまとめた「ドージコイン・トレイルマップ」が公開されました。

GigaWalletとLibDogecoin

2023年には、ドージコイン財団がGigaWalletとLibDogecoinをリリースしました。GigaWalletは、ドージコインビジネス向けのバックエンドサービスであり、チェーントラッカーシステムや支払いAPI、WooCommerceとの統合を強化しました。2024年には、ショッピングカートの統合拡大や、ユーザーフレンドリーなAPIの開発が予定されています。LibDogecoinは、SPVノードやウォレット機能、セキュリティおよび暗号化、検証とプラットフォームの互換性などの重要な改善が行われました。

RadioDoge

RadioDogeは、インターネット接続が限定的な地域にドージコインを届けることを目的としています。2023年には、インターネットなしでの初のドージコイン取引を実現しました。2024年には、RadioDogeネットワークのさらなる開発が予定されています。

Doge StandardとDoge Core Wallet

ドージコイン標準文書の作成と、独立した機能テストスイートの開発も進行中です。Doge Core Walletの改善も続けられており、ARMv8.2 SHAランタイムチェックやウォレット機能の向上が行われています。

ドージコインのリスク評価と買い方

ドージコインには、価格のボラティリティ(変動性)が高いという特徴があります。特に、著名人の発言やSNSでの投稿などによって価格が変動しやすいという点が他のアルトコインと異なります。

アナリストたちは、暗号資産の上昇相場で資金流入の兆候があると指摘しています。Stockmoney Lizards氏は、ビットコインの半減期後にアルトコイン市場が増加し、半減期から505日後にピークに達する傾向があると述べています。Crypto Clearly氏は、上昇相場ではビットコインの後にイーサリアムが恩恵を受け、アルトコインにも資金が流れるパターンがあると指摘しています。Crypto Bitcoin Chris氏は、時価総額だけでなくプロジェクトの革新性も重要で、市場サイクル初期には革新的なプロジェクトが上昇し、その後価値のあるアルトコインが上昇することでアルトコイン・シーズンが終了すると述べています。

ドージコインの購入方法は以下の通りです:

  • 暗号資産取引所で口座を開設します。ドージコインを取り扱っている取引所は限られているため、「GMOコイン」や「ビットバンク」などを選びます。必要な情報を入力し、身分証明書をアップロードして口座開設を完了させます。
  • 口座に日本円を入金します。銀行振込やクレジットカードなど、各取引所で指定された方法で入金を行います。入金が完了すると、取引所の口座に資金が反映されます。
  • ドージコインを購入します。販売所または取引所で購入数量や価格を指定し、注文を行います。注文が約定すると、ドージコインが取引所のウォレットに反映されます。

まとめ

ドージコインは、そのユニークな背景と活発なコミュニティに支えられ、暗号資産市場で重要な位置を占めています。技術的な基盤と高速なトランザクション速度により、日常的な取引や小額決済に適しています。将来的には、技術的進化や市場の動向により、ドージコインの利用範囲と価値がさらに広がる可能性があります。しかし、投資に際してはリスク管理を徹底し、長期的な視点での戦略が求められます。ドージコインの将来性に対する期待と課題を踏まえ、今後も注目すべき暗号資産の一つとして位置づけられるでしょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー