詳細を見る

SBI VCトレード、Ava Labsと業務提携|アバランチ(AVAX)普及に向け

3 mins

暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードは16日までに、レイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(AVAX/Avalanche)」の開発企業Ava Labsと業務提携を結んだ。両社の提携により、日本市場におけるアバランチ・ネットワークの普及を目指す。

また、今回の提携により、同取引所が提供する暗号通貨AVAXのステーキングサービスについて、10月からステーキング報酬の年率を0.5~2.0%ほど改善する予定。9月30日までの間、通常25%のステーキング手数料を0%とする「AVAXのステーキング手数料無料キャンペーン」を開催する。同取引所では対象となる通貨をトレード口座内で保有するだけで、ステーキングサービスが自動適用される。

今回の提携によりSBI VCトレードは、Ava Labsが開発したSaaS型クラウドサービスAvaCloud(アバクラウド)の利用が可能になった。AvaCloudは、ノーコードでブロックチェーンを構築できる新サービス。SBI VCトレードではAvaCloudを活用してSBI Web3ウォレットとアバランチの接続、アバランチ・ネットワークの普及を推進する。

さらにSBI VCトレードは暗号通貨AVAXについて、入出庫(入出金サービス)の対応も開始した。同取引所では2022年10月よりAVAXの取り扱いを開始。現在提供しているのは、現物取引(取引所・販売所)、レバレッジ取引、貸暗号資産、積立、ステーキング、入出庫(入出金)のサービスとなる。

L1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」とは

アバランチは、18年に米国で始動し、20年9月にメインネットをローンチしたEVM(イーサリアム仮想マシン)互換のL1ブロックチェーン。低いガス代(取引手数料)・高速処理能力が特徴で、分散型アプリケーション(DApps)の開発基盤として普及している。

またアバランチでは、同ネットワークを利用して独自ブロックチェーンが構築できるサブネット機能も提供。アバランチ・ネットワークのガバナンストークンAVAXについて、国内取引所ではSBI VCトレードの他、DMM Bitcoinでも取り扱いがある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー