詳細を見る

柴犬コイン、BONEトークンのコントラクト放棄へ|運営透明性の向上

3 mins

ヘッドライン

  • 柴犬コインのコア開発者Kaal Dhairya氏は16日、エコシステム内トークンBONEについて、コントラクト放棄の計画を明らかにした
  • 暗号通貨BONEは、柴犬コインのDEX「ShibaSwap」におけるガバナンストークンで、発行枚数は2億5000万枚
  • コントラクトの放棄とは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトの制御権を完全に放棄する行為を指し、不正操作や改ざんのリスクは大幅に削減される
  • promo

暗号資産(仮想通貨)柴犬コインSHIB)のコア開発者Kaal Dhairya氏は16日、エコシステム内トークンBONEについて、コントラクトを放棄する計画を明らかにした。暗号通貨BONEは、柴犬コインの分散型取引所(DEX)ShibaSwapにおけるガバナンストークン。8月に開始した独自のレイヤー2ネットワークShibarium(シバリウム)上で取引される。発行枚数は2億5000万枚。

コントラクトの放棄とは?暗号通貨BONEの取り組み

コントラクト放棄とは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトの制御権を完全に放棄する行為を指す。一度設定されたスマートコントラクトは変更不可能となり、それに関連する不正な操作や改ざんのリスクは大幅に削減される。暗号通貨業界では、開発者がスマートコントラクトを書き換えてトークンを増刷したり、手数料を上乗せするなどの不正行為がしばしば発生する。

BONEトークンがコントラクト放棄を行うことは、上記のような不正行為を防ぐと同時に、投資家からの信頼を勝ち取ることにもつながる。大手暗号資産取引所では、ユーザーに提供する暗号通貨のセキュリティや信頼性を確保するため、上場審査時にコントラクトの放棄を要求するケースがある。シバイヌ運営チームはBONEトークンのコントラクトを放棄することで、より透明性の高い運営を実現する。同トークンはすでに暗号資産デリバティブ大手Bitgetなどに上場しているが、将来的な追加上場にも含みを持たせたかたちだ。

コントラクト放棄の進行中、暗号通貨詐欺に注意

Dhairya氏はコントラクト放棄のプロセスにおいて、ダミートークン「Calcium」を作成するとしている。同トークンについて「BONEをミント(新規発行)して放棄するという目的のためだけに作成されるもので、もし誰かがこのトークンを販売している場合は詐欺とみなすように」と注意を喚起している

暗号通貨BONEの現在価格は、前日時2.3%減の0.7942ドル。

直近1カ月のBONE価格(BeInCrypto Japan
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー