詳細を見る

暗号資産チェーンリンク(LINK)とは?仕組みや特徴についてわかりやすく解説

16 mins

ヘッドライン

  • チェーンリンクは、スマートコントラクトと外部データをつなぐ分散型オラクルネットワークで、ブロックチェーンに不可欠です。LINKトークンはデータ提供者やノードオペレーターへの報酬に使われます。
  • チェーンリンクのCCIPは、異なるブロックチェーン間のデータと価値の転送を実現します。これにより、DeFi、NFT、ゲームなどの分野で新たな可能性が開かれ、分散型アプリケーションの相互運用性が向上します。
  • チェーンリンクは、金融、保険、サプライチェーンなどでの応用が期待され、市場価値も上昇見込みです。特に、2025年から2030年にかけてLINKトークンの価格は大幅に上昇すると予測されています。

暗号資産のチェーンリンク(LINK)は、スマートコントラクトと外部データの橋渡しを行う分散型オラクルネットワークとして、ブロックチェーンエコシステムにおいて不可欠な存在となっています。LINKは単なるトークン以上の存在であり、その技術基盤は多岐にわたるプロダクトを支えています。

特に、クロスチェーン相互運用プロトコル(CCIP)は、異なるブロックチェーン間のデータおよび価値の転送を実現し、DeFi、NFT、ゲームなどの分野において新たな可能性を開いています。本記事では、チェーンリンクの概要から技術的特徴、主要プロダクトの詳細、ユースケース、市場動向、そして将来展望に至るまでを解説します。

チェーンリンク(LINK)とは何か?

チェーンリンクは、スマートコントラクトに外部データを供給するための分散型オラクルネットワークです。スマートコントラクトは自己実行型の契約ですが、ブロックチェーン外のデータにアクセスする手段を持ちません。チェーンリンクは、この課題を解決するために、リアルタイムのデータを安全かつ確実にスマートコントラクトに提供します​。

関連記事:ブロックチェーンオラクル入門編

トークンの役割と機能

チェーンリンクのネイティブトークンであるLINKは、ネットワーク内で重要な役割を果たします。主に以下の用途で使用されます:

  • 支払い手段:データプロバイダーやノードオペレーターへの報酬として使用されます。
  • ステーキング:信頼性とセキュリティを確保するために、ノードオペレーターがLINKトークンをステークします。

トークノミクス

出典:コインゲッコー

LINKトークンの分配は、初期供給量の35%がパブリックセールで配布され、30%がネットワークインセンティブとして割り当てられています。開発チームとプロジェクト保有分には35%が割り当てられており、これによりプロジェクトの持続的な開発と運営が支えられています。

関連記事:暗号資産のステーキングとは?パッシブインカムを得るためのガイド

チェーンリンクの技術的特徴

出典:チェーンリンク

チェーンリンクのオラクルネットワークは、複数の独立したオラクルノードによって構成されており、これらのノードが外部データを収集、検証し、スマートコントラクトに提供します。この分散型の仕組みにより、単一の障害点を排除し、データの信頼性とセキュリティを確保します。また、データ提供者が情報をデジタル署名する仕組みを導入しています。

チェーンリンク2.0では、さらに高度な機能が導入されており、秘密計算やオーダーフェアネス(注文の公正性)など、セキュリティとスケーラビリティを向上させるための様々な技術が開発されています。これにより、より多くのユースケースが実現可能となり、スマートコントラクトの利用範囲が広がります​。

スマートコントラクトとの連携

出典:チェーンリンク

チェーンリンクはスマートコントラクトと連携することで、その機能を大幅に拡張します。例えば、分散型金融(DeFi)において、価格フィードを提供することで、ローンの発行やオプション契約の清算、保険契約の自動実行などが可能になります。また、ハイブリッドスマートコントラクトを実現するために、オフチェーンでの計算をチェーンリンクのノードが処理し、その結果をブロックチェーンに戻すこともできます​。

チェーンリンクの主要プロダクトの詳細

クロスチェーン相互運用プロトコル(CCIP)

チェーンリンクのクロスチェーン相互運用プロトコル(CCIP)は、異なるブロックチェーン間でのデータとトークンの移動を可能にするためのプロトコルです。CCIPは、分散型アプリケーション(dApps)やWeb3開発者が、安全にクロスチェーンのニーズを満たすためのシンプルなインターフェースを提供します。具体的には、任意のメッセージング、トークン転送、プログラム可能なトークン転送などの機能をサポートしています​。CCIPの設計は、リスク管理ネットワークや分散型オラクル計算、オフチェーンレポーティング(OCR)プロトコルなどのセキュリティ機能を備えています​。

チェーンリンクVRF

チェーンリンクVRFは、スマートコントラクトにランダム値を提供するための、検証可能で公平な乱数生成器です。VRFは、各リクエストごとにランダムな値とその値がどのように決定されたかの暗号学的証明を生成します。この証明はオンチェーンで公開され、消費者アプリケーションが使用する前に検証されるため、結果が操作されないことを保証します​​。VRFは、ブロックチェーンゲームやNFTの生成、ランダムな職務や資源の割り当てなどに利用されます。

関連記事:ブロックチェーンの仕組みとは?暗号資産の根幹となるシステムをわかりやすく解説

チェーンリンクオートメーション

チェーンリンクオートメーションは、スマートコントラクトの自動化を支援するための分散型ネットワークです。このネットワークは、スマートコントラクトのトリガーや実行を完全に自動化することを可能にし、ユーザーがセットアップコストや継続的なメンテナンス、中央集権的な自動化スタックに関連するリスクを回避するのに役立ちます​。チェーンリンクオートメーションは、DeFiアプリケーションやその他のブロックチェーンベースのサービスで広く利用されています。

チェーンリンクのユースケース

金融分野での活用事例

  1. DTCC (Depository Trust & Clearing Corporation): 24年5月、DTCCとチェーンリンクは、ファンドデータのトークン化に関するパイロットプロジェクト「Smart NAV」を完了しました。同プロジェクトは、JPMorganやBNY Mellonなどの主要な金融機関と協力して実施されました。CCIPを利用して、複数のブロックチェーン間でデータを安全かつ効率的に移動させる仕組みを提供しました。なお、マッキンゼー・アンド・カンパニーの最新レポートによると、2030年までにトークン化された金融資産市場は2兆ドルに達すると予測されています。
  2. SWIFT: 23年8月、SWIFTは、BNP ParibasやBNY Mellonなどの主要金融機関とともに、ChainlinkのCCIPを使用してトークン化資産の転送実験を行いました。この実験は、複数のパブリックおよびプライベートブロックチェーン間での資産移動をスムーズにするためのものです​。

サプライチェーン管理における利用

  1. Vodafone: 23年10月、Vodafoneとチェーンリンクは、グローバルな貿易プロセスをサポートするためのブロックチェーン技術の実証実験を行いました。同実験では、デバイスが自律的に動作し、正確な情報を生成して貿易文書の交換をサポートしました​ 。

保険業界での適用

  1. Arta TechFin: 2024年5月、香港拠点の資産管理会社Arta TechFinとチェーンリンクは、現実世界の資産をトークン化するためのパートナーシップを発表しました。このパートナーシップは、不動産などの資産をブロックチェーン上でデジタル化し、より効率的な資産管理を目指しています​​。

チェーンリンクの将来展望

チェーンリンクの2024年のロードマップは、いくつかの重要なプロジェクトと目標が含まれています。まず、CCIP強化が挙げられます。24年には、非EVMチェーンへの拡張や新しいトークンのサポートが計画されています。さらにチェーンリンクVRF v2.5は、ランダム値の生成を効率化し、セキュリティを強化します。この新バージョンは、特にブロックチェーンゲームやNFTの生成、ランダムな職務や資源の割り当てに利用されます。また、ガスコストの削減やユーザーフレンドリーな機能の追加により、開発者にとって使いやすいツールとなります​。2024年には、チェーンリンクオートメーションのネットワークの拡大と多くのブロックチェーンとの連携が計画されています。

市場でのポテンシャルと予測

 LINKの最高価格LINKの最高価格
2023$16.92$5.13
2024$18.25$6.94
2025$23.648$20.822
2026$35.47$27.66
2027$44.34$34.58
2028$66.51$52.88
2029$109.74$85.59
2030$217.07$134.58
2031$325.60$201.87
2032$537.24$419.04
2033$644.70$502.86
2034$805.87$628.57
2035$1047.63$817.15
出典:BeInCrypto

BeInCryptoの価格予測によると、LINK価格は2025年に向けて強気で、2024年半ばまでに強い上昇感が見られる可能性が高いです。最低価格$6.94から240.23%の上昇が予想され、これにより2025年の平均取引価格は$23.648に達する見込みです。また、2025年の最低価格は$20.822でサポートされると予測されています。現在の価格レベルからの予測ROI(投資利益率)は58%です。

2030年に向けた予測は非常に強気で、2025年の高値と2024年の低値を基にしたパスを外挿することで、2030年の高値は$217.07に達すると予想されます。これはLINKが同じ成長パスをたどり、広く採用されることを前提としています。2030年までに過去最高価格$52.88を超える必要がありますが、これが達成されればLINKの価格は大幅に上昇する可能性があります。現在のレベルからの予測ROIは1356%です。

LINKの長期価格予測は非常に強気で、2035年までの平均取引価格は上昇が続く見込みです。例えば、2028年には$66.51、2030年には$217.07、2035年には$1047.63に達すると予測されています。チェーンリンクは、現実世界をデジタルエコシステムに接続する重要なブロックチェーンソリューションであり、その役割が拡大することで、LINKの価格も上昇を続けると見込まれています。

まとめ

チェーンリンク(LINK)価格

チェーンリンクは、スマートコントラクトと外部データをつなぐ分散型オラクルネットワークとして、ブロックチェーンエコシステムに欠かせない存在です。その技術基盤は、CCIPを通じて異なるブロックチェーン間のデータと価値の転送を実現し、DeFi、NFT、ゲームなどの分野で新たな可能性を切り開いています。

チェーンリンクのネイティブトークンであるLINKは、ネットワークの運営とセキュリティを支える重要な役割を担っており、価格予測でも強気の見通しが示されています。2024年にはさらなる技術的進化と市場拡大が期待されており、LINKの長期的な成長ポテンシャルは非常に高いと言えるでしょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー