詳細を見る

チェーンリンク(LINK)が急騰|機関投資家が注目

6 mins
更新 Shota Oba

ヘッドライン

  • チェーンリンク(LINK)は9日、前日比で10.5%・7日比で27%の急騰をしている。年初来比較では97%上昇している
  • RSIが50を超え、上向きのトレンドを示している現状は、市場における強気の優位性を示しており、急騰を起こす可能性がある
  • グレースケール・チェーンリンク・トラスト(GLNK)は、現物価格より200%高いプレミアムで取引されている
  • promo

国内取引所取り扱い暗号通貨(仮想通貨)のチェーンリンク(LINK)が9日、前日比10.5%、過去7日比で27%と急騰している。年初来では97%上昇。この価格上昇は、機関投資家の注目に起因すると見られている。

チェーンリンクはブロックチェーンネットワーク間で安全なデータ転送を可能にする分散型オラクルネットワーク。外部のデータフィード、API、他のリアルタイム情報源をブロックチェーンネットワークに統合することで、スマートコントラクトの活用範囲を広げる。このほかにもクロスチェーンプロトコル(CCIP)などのプロダクトを提供する。

米投資信託グレースケールが提供するグレースケール・チェーンリンク・トラスト(GLNK)は、機関投資家向けの規制された製品として、現物価格より200%高いプレミアムで取引されており、機関投資家からの強い需要を示唆している。

過去1週間で価格は約100%上昇し、21ドルから39ドルへと急騰。本稿執筆時にはLINKの価格の約3倍で取引されている。同信託は22年5月に発表されて以来、20%以上のプレミアムで取引される傾向があり、6日のプレミアム価格水準は過去最高となった。7日には香港SFC認可の機関・個人投資家向けの仮想通貨取引所ハッシュキーエクスチェンジがLINKの上場を発表していた

当社シニアインベストメントアナリストのヴァルドリン・タヒリ氏は「LINKは530日間続いたレンジを突破した。週間相対力指数(RSI)がその上昇トレンドを後押ししている。RSIが50を超え、上向きのトレンドを示している現状は、市場における強気の優位性を示している。RSIが過熱状態に達していることも注目に値する。過去にRSIがこのようなシグナル(白の矢印)を示した際には、LINK価格はそれぞれ320%、300%と顕著な上昇を見せた」と指摘。同氏は、「RSIが過熱状態に入った現在からさらに300%上昇すると、LINK価格は37ドルの抵抗レベルに到達し、18ドルのレジスタンスを突破する可能性がある」と付け加えた。

RSI(相対力指数)とは:
暗号通貨が買われすぎか売られすぎかを判断し、市場の過熱感を示すオシレーター系のテクニカル指標。数値は0~100で表され、一般的に50以上で強気トレンド、50以下で弱気トレンドと判断される。

hitesh.eth氏は、Into The blockのデータを引き合いに、16ドルから27ドルの価格帯はレンジとして機能すると指摘。27ドルを超えると総ウォレットの利益率は80%を超えるため更なる上昇が見込めるとした。仮想通貨分析サイトSantimentによれば、多くのウォレットに格納されていたLINKが市場に流通し始めており、過去5月間に大口投資家らが全体供給量の4.7%のLINKを蓄積した。

チェーンリンクの現物資産(RWA)のトークン化における活用に期待が高まる

暗号資産市場分析会社K33 Researchの11日レポートによれば、LINKへの投資はRWAのトークン化事業の最も安全な投資の選択肢となると指摘していた。チェーンリンクはANZ銀やSWIFTなどの大手金融機関とも協業しRWAのトークン化事業を行っている。世界最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは「私は、市場・証券の次の潮流はトークン化になると信じている」と述べ、トークン化への強気な姿勢を示した。

住友商事・英通信関連会社ボーダーフォン・デジタルアセット・ブローカー(DAB)InnoWaveは10月、チェーンリンクのCCIPを活用した概念実証を完了させていた

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー